まじめなはなし

ざまあよりも楽しいこと(仕事中の盗撮被害について)

久しぶりに自分のブログにアクセスしたら、昨年の今ごろはスケートのアニメにドボンとはまっていた文章が出てきて懐かしさと自分への「わかるわかる」にむせび泣きました(それにしても勢いだけで書いていて訳が分からないところも多すぎたのでこっそり書き直したりした。だせえ)。もちろん今も思いきりはまったままです。刺さったものが抜けないんです。幸せです。 今年のわたしはというと、吐く吐く詐欺にこそ遭いませんでしたがやはりそれなりにお客さん方に翻弄されて疲れ果て、同僚やスタッフさんと苦笑いしながら「来年もよろしくね」と言い合ってお別れしたところです。『客が財布を開けたら3800円しか入ってなかった事件』...
まじめなはなし

ワーカーズライブ3月号:春一番の姉妹

風俗嬢コラム Worker’s Live!!-Girls Health Lab:春一番の姉妹 これまでガールズヘルスラボに書いてきた小説の中で、たぶんいちばんほめられました。うれしい。ありがとうございます。 そして『良い百合』という言葉でほめてもらっている場面をたくさん目撃しました。今までもときどきそう言ってもらうことはあったのだけど、わたしは人の関係性に対してかなり大ざっぱ(とてつもなく大きくて仕切りのない「好き」という箱にあれもこれも入れちゃって、中で浮遊してる)なので、あっ百合に入れてもらえるんだ、って実感するとくすぐったかったです。名前がつくと照れちゃう感じして、すぐ「...
まじめなはなし

小さな暖炉の前の椅子

 ここを読んでくださっている方にはそろそろおなじみ、2014年末のできごとについて、当時から尽力してくださっていた方々とお話する嬉しい機会が最近ありました。 いろいろと心の中のものを書き出したのでよい整理になり、ログが流れていくのがもったいないのでここにまとめておきます。  今になってはたと思い至ったのですが、あのとき誰が何をしてくれていたのか、というのが、当時のわたしにはほとんど見えていなかったんです。何らかのかたちで動いていると把握していたのは自分以外にもセックスワーカー(引退後の方を含む)が多く、そのためセックスワーク当事者だけで矢面に立っているかのような心許なさは大きかった。じ...
たわいないはなし

まーた指の混ざりの話かよ

またフィクションの指と仕事の話ですみません。こんなことばかり考えているもので。 去年『逃げ恥』のキスシーンがちょっと話題になったことがあった。 恋愛経験がまったくない男の人が、感極まって衝動的にしてしまうキス……という設定の場面なのに、相手役の女優さんの手に重ねた指が動くその様があまりに情緒的で、「これは女性に慣れたモテ男でなければできない芸当なのでは!?」「演出ではなく、演じている人の素の部分が出ているのでは!?」って。 それをきいてノコノコとTverでそのシーンを見ちゃったんだけど、 ああ、うーん、でも、全体的に不慣れでぎこちなくて、てんで分かってなくてヘンテコなことも...
たわいないはなし

白い小鳥が飛び立つみたい(なんじゃないかなと思ってる)

ああああああー! 仕事納めたああああああ。今年は年末が特に忙しく、っていうのは仕事量が多いというよりも内容がせわしないというか、やれやれな案件が多くてまいりました。ストレスとカレンダーが追いかけてきたよ。 今年最後の客なんてベッドの上で「気持ち悪いよ〜吐きそうだよ〜つか吐く〜〜」と言い出して修羅場だった。これは一大事だと思ってあわてて上体を引っ張り起こしバスローブを着せて今日の体調やらさっき食べたものやらを訊きつつお手洗いまで連れていって背中をさすったりものすごく気を遣ったのに、しばらくしたら治まったらしく途端に「ねえヤラせてよ〜俺入れなきゃイカないよ???」とゴネ始め、しかし吐く吐く騒ぎのせ...
I
タイトルとURLをコピーしました