ベッドサイドの碓氷峠【ヘアクリップ】

忘れ物は得意ですか? わたしは得意です。トトロが実在したらわたしの家と森を往復し続けてクタクタになることでしょう、かわいそうに。これまで数々の忘れ物を、ホテルやらお客さん宅やら待機室やらにおいてきました。中でも忘れがちなのが髪留めです。ぶっちぎりのダントツで髪留めが優勝です。いったいいままでいくつなくしてきたんでしょうか。
ああ、考えると落ち込んでしまいます。
どうせ消耗品だと割り切って100円ショップで買うこともあるんだけど、なんか、開け閉めの感触とか、留まる瞬間の感覚とか、あとバネの部分がサビてくる早さがやっぱり違うような気がしてしまう。ので、500円から1000円くらいのものを使うことが多いです。

シャワーを浴び終えてベッドに戻ってきて、まあその時々でいろいろですけど横になる前に外しますよね。んでベッドのそのへんに置くんですね。「そのへん」としか言いようのないエリアに。これがあらゆる小物を飲み込む魔性の「そのへん」なんですよ。
それでどーたらこーたらがあって、またシャワーに行くときにつければいいんですが、というか濡れるんだからつけたいんですが、諸事情で手が汚れていることがあるよね、ていうか汚れてるよね。わたしはよほどの大迷惑ヤロウでなければ唾液あたりはセーフにカウントしちゃう(嫌だよ?嫌だけどね?)んだけど、唾液と涙と汗以外の体液やローションがべっとりついていたら髪は触れない。

だから、両手とも汚れているけど、なんかもうありえないほど時間がない!!
……ってとき、タオルの端っこの端っこをつまみあげなんとなく二の腕の加減で身体に沿わせてシャワーに行き、もう毛先濡れてもどうでもいいわいと半ばヤケになってそのまま浴びちゃって、それをやっちゃうとよく髪留め忘れる……。

タオルをボワッと(畳んでなんかいられない)置いて、手を洗って、のろのろしている客(どんなに時間がないと伝えても急がぬこと山のごとしな人っていません?)を心の苛立ちを悟られないように洗って拭いて、自分の身体を超特急で洗って若干水滴が残ってるのもかまわずバーッと戻ってきて、そしたらもう「ちょっちょっあたしのパンツどこに脱がしたよ!?」でアタマの中いっぱいじゃないですか。はるか昔にベッドサイドの「そのへん」に置いた髪留めのことなんて忘却です忘却。

それでも最後の最後にお部屋を見渡す余裕があればよいのですが、視界を遮るかのように立ちはだかってベタベタと抱擁を求める人や何度も何度も「お時間ですので」と申し上げているにも関わらず「あと何分〜?」とすっとぼけやがってなおも身体をまさぐってくる人やメールアドレスもしくはLINEのIDを言わねば帰さぬ!この砦は開かぬ!!と息巻く人を宥めるという最後のお仕事にかかりっきりにならざるを得ないことも……あるし……。

(ていうかこれうちの店がもっとタオルを潤沢に支給してくれれば解決する話なんだけど、荷物が大きいのは美しくないとかふざけたこと言ってあまり持たせてくれないんだな、タオル入るバッグ買い換えるのがめんどいって言いなよ。素直になれよハハン)
(あと最初から髪をまとめた状態でプレイできればよさそうだけど、お客さんって、なんか……髪を下ろしてほしがりませんか?多少振り乱してほしかったり、自分の指で梳いたり撫でたかったり、髪をほどく仕草を見たかったり、いろいろあるんだと思う)(自分の体液がべったりついた手で撫でてくるやつ大晦日に虫歯痛くなれ)

だいたいはドアを閉めた瞬間、またはエレベーターに乗るあたりで、あっ!!って思いつくんです。あっあれ入れた記憶ない!わすれた!!って。でも、現金でない限り取りには戻れないよね。
なんていうか……せっかくこの数十分間に費やしたあれやこれや、戸惑いや遠慮や苦悩、演技、さまざまな感情さまざまな労働を箱に入れて封をして、時にはムカつきやみじめさも水に流して最高の笑顔作ってドアを閉めたわけだよ。最後のページに震える手で『 – 完 – 』と記したもんは覆しちゃなんねえってもんよ。なあ。震える気持ちがよみがえって江戸の人みたいになっちまったよ。
まあ、別に顔を見たくない相手ばかりってわけじゃないけど、お客さんにとっても戻ってこられるのは負担だろうし、また来て欲しい相手ほどきれいに終わりたい。つまり忘れ物もしちゃダメ!ダメだぞ!

と、何年も思ってます。思ってはいます。いますよ。

 

はじめて勤めた店では先輩女子たちはみんなくちばし型を持っていました。これをナイロンバッグの側面に止めていた。そのデザインによって誰のバッグか識別できるという機能も兼ね備える優れたシステムでした。
くちばしクリップの最大のメリットはいざというとき武器になることかもしれません。

出身地が商品名になってるシリーズ。わたしはどちらも持ってます。普通〜やや多めくらいの毛量のひとならフランスで十分とまると思うんだけど、ドイツクリップにはなんとも形容しがたい他にないホールド感があり、このギャシィッ!!と掴まれる感触がハマる人にはたまらないのではないだろうか。
レビューにある通り、ドイツちゃんはツメの先の造形がマイルドではないので、無造作にとめようとして頭皮にぶつかると痛いです。

留まったときのカタチのかわいさでいったらこれかなあ。クルクルッとまとめて適当に挟むだけでちゃんと留まるのもえらい。おだんごが作れない長さと量の人は厳しい(たぶん全然留まらない)と思います。あと2回落としたら寿命が尽きます(割れやすい)。

この価格帯の実用重視で目立たないクリップでは、個人的にはこれがいちばん好きです。これはだいたい10cmくらいで、7cmくらいのSサイズもあるよ。池袋駅のハックエクスプレス(ドラッグストア)で売ってて、西口で働いてたころよく買っていました。同じものをいくつも買っておくことで心の平穏を得ていた。健気だったな……。。

 

能はなくても爪は塗る【秋色ネイルエナメル】

もうだいぶ昔の話ですが、学園系イメクラを辞めたとき何が嬉しかったって、ネイルができる! ってことでした。
いや、いいんですけど、別にネイルくらい塗ってたって誰に文句を言わせるものかって感じなんですけど、わたしが当時勤めていた店は、なんといっていいか……わりと本気(と書いてガチと読む感じ)の店で。選べる制服の種類とその生地感からしてそこらのヘルスがオプションでつけてるドンキのコスプレとは格が違うんだよ、という気概を感じましたし、もはやどこで購入できるのかすら分からない古めかしいブルマやスーパールーズソックスも揃っていました。

たしか料金も若干高めだったと思います(お給料は別に高くなかったのでどうでもよい)。そんなこだわりを持って運営されている店にこだわりをお持ちのお客様たちが集い、まあちょっとしたことでクレームが来てしまう厳しい環境だったのです。

髪の色などはもちろん暗くなくてはいけませんし、パーマもいい顔をされませんでした(男性の目で見て区別のつかないボディパーマのようなくせ毛風ゆるウェーブは可)。
下着の色もうるさかった。ピアスもだめでした。地方のおとなしい学校だって、こっそりピアス開けてる子なんて普通にいるでしょうに。

髪の色はもともと暗くしていましたし(根元のリタッチをちょっとサボってもバレないし?)下着の色は薄い明るい方が好きだったので(安くても色落ちが目立たないし?)管理される、ということの煩わしさになんとかどうにか目をつぶってコツコツ働いていましたが……だが!!!ネイルは。ネイルだけは。話が別だ。ストーンやスタッズを付けさせろとは言わない、せめて好きな色を塗らせてくれ。

透明かごく薄い透明ピンクのみ可。だって女学生(という呼び名がすでに)が爪になにか塗ってたらおかしいでしょう?と説教する店長に向かって、女の子は全員思っていたことでしょう。いや別におかしくねえよ、と。
クレームになるのは嫌なものなので、働いてる間はそれなりに守ってたけどね……。きっとその店での「女学生」というのは、東京の街にそっくりだけれどどこでもない、心の中のユートピアのようなまぼろしの街の少女たちだったのでしょう。

しばらくして店を去り、ちょうど秋だったのかな、ボルドーとゴールドのネイルにしたときに「ああ、自由になった」と噛みしめたものでした。では個人的に好きな10月的ネイルを紹介するよ!

1013

左から
OPI C89  CHOCOLATE MOOSE
ZOYA ZP182  MERCEDES
ORLY 48632  チョコレートマティーニ

ZOYAはパール、ORLYは極小のラメ入り(メタリックなパールと言ったらいいのか)でトップコートは塗ってません。
一時期ミルキーだらけだったネイルのトレンドがラメの復権に向かいつつあるような気がするので(完全に気のせいのおそれあり)、光り物好きのわたしはせっせと塗ってるこのORLYの色なんですけどミニサイズ(5.3ml)にしかないんだよ……なんでだよ……使い切りサイズは嬉しいけどブラシが小さくて足の親指とかつらい。そう、この3色はペディキュアにしてもすごくかわいいのです。
ちょっと地味?だったりしたらギラギラのザリザリのラメラインとか引いてもいいし、あとスタッズがとにかく映えます。☆の形のゴールドラメなどちりばめれば一気にキュート路線。メタリックな細テープもいですね。ブルーベースの人はシルバーネイルの中にこんな光るレッドブラウンをアクセントにしてもかっこいいのではないか。夢が広がりんぐですね。

OPIはジェルネイルの上から塗ってもきれいに乗ってしかもめったなことで剥げないのでえらいです。

ところで、学園系を脱出したわたしでしたが次に勤めた店では店長が勝手に「昼間は比較的お堅い会社に勤めるまじめなOLです」などという設定にしてしまったため、結局地味なネイルしかできない日々が待っていました。薄いピンクベージュとは忍耐の色である。