シアータイツってお呼びしたほうがいいですか?【プレーンストッキング】

着々と寒くなりゆく、と見せかけて突然暑かったりする変な時期ですがお元気ですか。
シーナちゃんが生足サンダルでなくなる瞬間が一年で最も物寂しい、と言ったお客さん(素足愛好家)がいました。風流とは花鳥風月脚、の5つだそうです。死んでしまった蝉を見る気持ちだそうです。わたしの下半身に自然のわびさび、もののあはれを感じてくれても別にかまわないのですが、その例えはちょっと。

学園系イメクラを辞めたときに「これで仕事の日もネイルができるぜ〜」と思った話をいつかしましたが、同時に考えたのが「あ、ストッキング買わなきゃいけなくなるのか……」でした。
カジュアルなら全然必須ではないけれど(でも最近はTシャツにストッキング履いてる若い女の子も増えましたよね)、コンサバな服装を求められるお店だと必要になってくるし、あとOL系・秘書系のコスプレ制服があるお店でも、ストッキングは下着扱いで自前だったりすることありますね。支給してくれる良心的なお店にも勤めたことがありますが、支給してもらえるだけあってとことん安物だったのか「息してるだけで伝線する」レベル、驚異のもろさだったので結局みんな自分で用意していました。ティッシュみたいに破れたぞい。

たぶんプレイに使うもの(ジャーッと派手に破れないと困る)と兼用だったんでしょう。

決して主役ではないシンプルなものであっても、ストッキングに求めることってけっこう多いです。肌をきれいに見せてほしいし、チクチクしないでほしいし、履く時の感触はスルッとスムーズであってほしいし、伝線しないで長持ちしてほしいし。
ストッキングって、わりとお金を出した分は裏切らないって印象(ある程度価格の高いものはみんな品質も間違いない)をわたしは持ってて、そしてお高めのストッキングって本当に素敵だし履いていても幸せなのだけど、でも仕事用のものにそこまでかけられません。

か、かわいい……。Girardi(ジラルディ)というイタリアのブランドのもの。かわいいなあ(いちまんえん以上します)。

プレーンストッキングなら、1000円出せばけっこう選べて。素足っぽく見えるでおなじみのLANVINも、マッキントッシュフィロソフィーも、ジバンシーも確か1000円くらいだよね。ありがたいことです。
でも、出勤して1本目についたお客さんが熱血がっつき張り切り系で、はやる気持ちのまま手を伸ばして勝手にガシガシひっかいてくる人で、あっという間にダメにされる、ってことも、なくはないじゃないですか、ねえ。下着や服はそれなりの触れ方をしてくれるのになぜかストッキングは雑に扱う人(というか存在に気づいているかすら怪しい)、いるもんね……そんな時、「テルミーテルミーテルミードゥー……今後コンビニでコーヒー買うとき微糖と無糖をまちがってしまえ!」[*1]と背中に向かって呪うくらいで1000円を水に流せるかっていうと……うう、わたしそこまで心広くない……。知らない仲じゃないならさておき、一見のお客さんには1000円のストッキングを履きたくない。って書くとかなりアレな感じしますね。おう、その程度の女だよおいら。なんとでも言ってくれ。

つづきを読む…

くさくても犬はかわいい【イソジンではないうがい薬】

イソジンうがい薬をめぐる悲喜こもごもをブツクサと書き綴ったところ、読者の方が掲示板に書き込んでくださいました。
(かぎカッコ内はわたしが書いた文の引用です)

イソジンについて
「というわけで、低コストでそれなりの効果が得られるイソジンを上回る方法はいまのところ見つかっていません。早急な開発が待たれる。」
アズレンうがい液はどうでしょう?

アズレンうがい液。なんか効きそうな名前……でもどこかで聞いたことがあるような?

と思ったのは気のせいではなく、わたしはすでに人生で「アズレン」に出会っていました、何回か。

  • はるか遠い昔、酷い口内炎ができた時に「お口の中が青くなってもびっくりしないでね〜」といって処方してもらった確かに青くてかわいい錠剤、そのときの説明書きの紙に「アズレン」という字を見た(そして効いたのでアズレンは神だなと思った)
  • それなりに遠い昔、まだ新宿伊勢丹の地下にBPQCがあったころ、watosaでメイクをしてもらった時につけてもらったクリームが青い色をしていて、BAさんが「これは見た目がオシャレだから着色してるわけではなく、消炎作用があるアズレンという成分がもともと青いんでございますよ」って説明してくれた(化粧もオシャレもよく分からない10代だったので1万2000円のクリームにすっかり怖じ気づいてうわの空だったが、帰り道で「いつかの口内炎…」と思い出した)
  • 数年前の昔、心休まる趣味でもほしいわと思ってアロマテラピーの本を読んでいたとき、カモミールの項目でなんか出てきたような気がする(カモミール青くなくない?とか思ったので覚えている)(そういうことではないのですね)(精油の世界はたいへん奥が深く、ハマるとひと財産なくしそう……と思うと心休まらなかった)

そんな因縁のアズレンと満を持してふたたび向き合う日が来たのである。感無量である。意気揚々とわたしはamazonで注文しました。というわけで今回はアズレン系うがい薬についてのおしゃべりです。

【第3類医薬品】浅田飴AZうがい薬 100mL
Posted with Amakuri
ASADAAME(浅田飴)
ウイルスよりも「ウィルス」のほうが軽やかなノリでためらいなく人を殺したりしそうな気がする
【第3類医薬品】パープルショットうがい薬F 50mL
Posted with Amakuri
白金製薬
「パープルショット」ってちょっと昭和の歌謡曲っぽくないですか
尖ったファッションのお姉さんにかっこよく歌ってほしい

意気揚々と買ってはみたものの、ずいぶん長い間こうして記事にできなかったのは、試すのが難しかったからです。お客さんに頼んでもいいけれど、前回しつこく書いた通り「店のルールの範囲内で、あくまで店のフィールドで遊んでもらう」ことで身を守っているわたしなので、そうそう誰彼構わず「ちょっと今日は店のイソジンじゃなくわたしの私物を試してみて♡」ってやりたい気持ちにはなれない(これしきのイレギュラーで「俺は特別なんだ」感が引き出されてしまうことも珍しくないですから、慎重を期さないと下手したらこちらが要らない苦労をします)。
やれる相手だってもちろんいるけれど、そういう良い人は検証したいほどの口臭とかなかったり……するんだよね。ふふふ。

そんなこんなでしばらく時間がかかりましたが、なんとなーくの実験結果を発表します。

つづきを読む…

後ろから追い立てるJ-WAVE(たぶん)

お久しぶりです。いかがお過ごしですか。

前回のイソジントークに予想以上の反響をいただき、わああ……と思っていたら一文字も投稿しないままいつの間にやら春が来て夏が来て夏が終わり、森山直太朗の例の歌ももうかかっていません。

あの曲、今年の夏もいつものように移動中の車の中でラジオから流れてきてしんみりしみじみとしたのですが、なんと今年度それが起こったのは8月5日でした。
さすがに早すぎやしないか、生き急ぎすぎではないか、まだギリギリ「暑中見舞い」でいいんですよね、いや洋服売り場はもうすでに秋物だから終わったともいえるのか、いやいやそれにしても、と客先へと向かう車内でひとりうろたえたものです。

いつの間にやらで過ぎ去った上半期でしたが、Amazonアソシエイトで1,446円の紹介料をいただきました。
(くわしくはこちらをお読みください)

このブログで借りているサーバーは半年で1,620円なので「積もり積もってサーバー代」というわたしの野望が果たされたも同然です。大勝利です。去年までのことはノーカウントです。

でもせっかくなので、なにか形あるものを買うことにしました。

イソジンにまつわる話をしていたとき、ちょっと気になった「イソジンじゃないうがい薬」を。
2種類で1500円ちょっとで、ちょうどよかった。

次回に続きます。

 

(品目だけはわたしに公開されるので拝見するんですが、紹介したヘアクリップやタイマーがどなたかに買われていて嬉しかったです。どうですか使いごこち。見た目以上に壊れやすいようなので、割れていないといいのですが……)
(このブログには書いていないのに、偶然わたしが好きなお菓子を買っていた方もいらしてそれも嬉しかったです。おいしいよねそのクッキー!)
(はたまたいったいどんな風にして使うのかわたしには想像もつかないようなカッコいい工具類?もあったりして、それもまたなんだか別の楽しさがありました)

(こんなふうにわたしにイジられるのやだな、って人もいるかもしれませんね。差し支える場合は、わたしに紹介料が入らないようにしてください。ごめんね)