わたしたちを侵害してくるお客さんの話というのは、あまりしたくないものですね。悪意のあるなしに関わらず、脅威です。
でも残念なことに「したくない」では済まされないのが現実なので、目を伏せながら、します……。

わたしたちがおそれる被害のうちとりわけ大きなもののひとつに「ストーキング」があり、なので個人情報の秘匿はいつも忘れることのできない課題ですよね。個人的には、もっとお店の側が手間をかけて真剣に対策をしてくれてもいいんじゃないかしらと思う機会が多い。だって、店がキャストに求めることをシンプルに表すと「お客さんに『また会いたい』と思わせる」だと思うんですよ。で、これ、達成すればするほど、被害に遭う頻度も上がる……よね。このあたり一帯のことを考え出すと胃が痛むばかりなのでそっと通り過ぎます。

自衛をするのもプロの仕事のうちだとか、ストーカーされるのは隙があるからだとか、そういう意見はまとめて蹴っとばして下水に流しましょう。おめでてーな!!と吐き捨てて。

 

例えば、出勤時に店がお財布を預かってくれる制度、あれはバッグを漁られ所持金を抜き取られることはもちろん、個人情報を盗み見られることも防いでいるはずなのに、やってくれないお店も増えているように感じます。
身分証を持ってこなければいいじゃん、というわけにいかないこともたくさんあるはずです。電車の定期券には本名が書かれていますが、「持ってこなければいい」とは誰も言えないでしょう。また、たとえば昼間に別の仕事をしてから自宅には戻らずそのまま出勤する場合「社員証兼入館証」のようなものはどうしようもありませんし、出勤前に病院に行きたいことだってあるでしょうし、早番の勤務を終えて急いで保育園にお子さんを迎えに行かなくてはならない(最近では安全のためIDカードが必要な園も増えているとききました)人だっていっぱいいます。それなのに。

(預けた財布から店の従業員にお金を抜かれる可能性も、その実例も、ある、というのがなんともなんともなんともこのやろおおお、ですが)

本名、住所、別の勤務先、このあたりはもう悪意ある人に渡ったらひとたまりもないというか、考えたくもない事態ですよね。そう、もしも知られたら、と思うこと自体がもう凄まじいストレス。加害者は悪意の自覚などなくむしろ愛だけがあると信じているのだろうしね。悪意がなけりゃいいかっていったらダメで、好奇心でもダメ、ふざけ半分でもダメ、からかいのつもりでも超ダメです。勝手に私物を見られ「へえ〜本名○○っていうんだぁ〜ふう〜ん」と思われることを想像するだけでぞっとするよ!ギャーン

わたしは勤務が深夜のため、前後にどこかへ立ち寄ることが少なく、コンビニで飲み物などを買う程度なのでSuicaでなにもかもすませています。数年前はファミリーマートを探して寄ってもらっていたものですが、今はもうどこでも使えていいね。(ヤングなみんなへ。Suicaが使えるコンビニははじめファミマだけだったんじゃよ。)
オートチャージ設定にしているので、どうしても表面には本名が記載されてしまいます(定期を兼ねている人もそうですよね)。というわけで、こういうステッカーを使っています。何度も貼ってはがせるよ。
“ICカードステッカー”で検索するとたくさん出てきます。

レイ・アウト ICカードステッカー エルサ RT-DICSA EL
お姉様もいます
ふなっしー ICカードステッカー
り、梨園!?
シール堂 Shinzi Katoh ICカード情報保護シール いえとハト 2枚セット ks-ic-10009
キャラ物じゃないのもほしいよね

不届きな客が手をかけた瞬間バラエティ番組のように電流が流れるバッグがほしい。それまでこうしてチマチマとした対策を各自で取らなきゃいけないんでしょうね。やれやれですね。