Tag: home

能はなくても爪は塗る【秋色ネイルエナメル】

もうだいぶ昔の話ですが、学園系イメクラを辞めたとき何が嬉しかったって、ネイルができる! ってことでした。
いや、いいんですけど、別にネイルくらい塗ってたって誰に文句を言わせるものかって感じなんですけど、わたしが当時勤めていた店は、なんといっていいか……わりと本気(と書いてガチと読む感じ)の店で。選べる制服の種類とその生地感からしてそこらのヘルスがオプションでつけてるドンキのコスプレとは格が違うんだよ、という気概を感じましたし、もはやどこで購入できるのかすら分からない古めかしいブルマやスーパールーズソックスも揃っていました。

たしか料金も若干高めだったと思います(お給料は別に高くなかったのでどうでもよい)。そんなこだわりを持って運営されている店にこだわりをお持ちのお客様たちが集い、まあちょっとしたことでクレームが来てしまう厳しい環境だったのです。

髪の色などはもちろん暗くなくてはいけませんし、パーマもいい顔をされませんでした(男性の目で見て区別のつかないボディパーマのようなくせ毛風ゆるウェーブは可)。
下着の色もうるさかった。ピアスもだめでした。地方のおとなしい学校だって、こっそりピアス開けてる子なんて普通にいるでしょうに。

髪の色はもともと暗くしていましたし(根元のリタッチをちょっとサボってもバレないし?)下着の色は薄い明るい方が好きだったので(安くても色落ちが目立たないし?)管理される、ということの煩わしさになんとかどうにか目をつぶってコツコツ働いていましたが……だが!!!ネイルは。ネイルだけは。話が別だ。ストーンやスタッズを付けさせろとは言わない、せめて好きな色を塗らせてくれ。

透明かごく薄い透明ピンクのみ可。だって女学生(という呼び名がすでに)が爪になにか塗ってたらおかしいでしょう?と説教する店長に向かって、女の子は全員思っていたことでしょう。いや別におかしくねえよ、と。
クレームになるのは嫌なものなので、働いてる間はそれなりに守ってたけどね……。きっとその店での「女学生」というのは、東京の街にそっくりだけれどどこでもない、心の中のユートピアのようなまぼろしの街の少女たちだったのでしょう。

しばらくして店を去り、ちょうど秋だったのかな、ボルドーとゴールドのネイルにしたときに「ああ、自由になった」と噛みしめたものでした。では個人的に好きな10月的ネイルを紹介するよ!

1013

左から
OPI C89  CHOCOLATE MOOSE
ZOYA ZP182  MERCEDES
ORLY 48632  チョコレートマティーニ

ZOYAはパール、ORLYは極小のラメ入り(メタリックなパールと言ったらいいのか)でトップコートは塗ってません。
一時期ミルキーだらけだったネイルのトレンドがラメの復権に向かいつつあるような気がするので(完全に気のせいのおそれあり)、光り物好きのわたしはせっせと塗ってるこのORLYの色なんですけどミニサイズ(5.3ml)にしかないんだよ……なんでだよ……使い切りサイズは嬉しいけどブラシが小さくて足の親指とかつらい。そう、この3色はペディキュアにしてもすごくかわいいのです。
ちょっと地味?だったりしたらギラギラのザリザリのラメラインとか引いてもいいし、あとスタッズがとにかく映えます。☆の形のゴールドラメなどちりばめれば一気にキュート路線。メタリックな細テープもいですね。ブルーベースの人はシルバーネイルの中にこんな光るレッドブラウンをアクセントにしてもかっこいいのではないか。夢が広がりんぐですね。

OPIはジェルネイルの上から塗ってもきれいに乗ってしかもめったなことで剥げないのでえらいです。

ところで、学園系を脱出したわたしでしたが次に勤めた店では店長が勝手に「昼間は比較的お堅い会社に勤めるまじめなOLです」などという設定にしてしまったため、結局地味なネイルしかできない日々が待っていました。薄いピンクベージュとは忍耐の色である。

戦闘服を洗わせろ【洗剤と衣類用消臭剤】

服装の規定は店によってさまざまで、自由にさせてくれる店もあればけっこうきっちりと細かい項目がある店もありますね。わたしが今までいたところは「パンツスタイルは不可、あとは各自常識の範囲内でやってちょーだい」程度のルールでやっているところが多かったものの今いる店はまあまあきっちりタイプです。やれやれ。スカートでも丈によって不可だったり、ネイルの色もいちおうの目安があったり。ひとつひとつ読んでいくと、いやそんなん言われなくてもしないっすよ、ってものも中には紛れています。「スタッズの付いたアクセサリーだめ」とか「スカルプ厳禁」とか。でもわざわざ服務規定として書かれると「あっハイわかりましたすいません」と……うーんなんていうのかなー管理を受け入れようとする感じ? にさせられてしまうのでそれが先方の作戦かもしれません。油断ならないな!

「アクセサリーをつける際はメッキの安っぽいものは避けましょう」みたいなくだりを読んだ時にはさすがにハタと立ち止まり、んなこと言うんなら18Kや24Kをパカパカ買えるほど稼がせてくれんだろーな?あぁん? と負の感情がボコボコ湧きました。「あぁん?」の表情を練習したい。近藤春菜ちゃんが竹山じゃねーよって言い始める瞬間みたいな顔。

アクセサリーはさておき、仕事用の洋服の選び方ってけっこう考えるところが多いと思うのです。店のルール内におさまることはもちろん、他にもいろいろ備えていてほしい条件がある。

  • 脱ぎ着がしやすい(小さなボタンが数多く付いていたりすると時間がかかるし、お客さんに脱がせてもらう……脱がさせてあげる?にも相手の気性によってはイラついて乱暴になる恐れがあるため)
  • ある程度脱がせ方の見当がつく(自分が脱がせなくては気が済まないにもかかわらず分からないとは言えない人であった場合、突然に力づくで布を引っ張ってしまうようなことが時々あるため)
  • あまりにも繊細なつくりではない(上記のような理由で損傷するおそれがあるため)
  • 高すぎない(万が一上記のような理由で損傷した際にあきらめをつけるため)
  • シワになりにくい(車移動だし、どんなに気をつけて座っていても押し倒されるため)
  • 手軽に洗濯でき、洗うことによるダメージが少ない(汚れた手やその他で触られる場合もしばしばあるため)(これ大事!)(心理的に汚れたと感じる場合を含む)(タバコなどの臭いも絶対につく)

……もうね、ほんと洗いたい。服洗いたい。洗いたすぎる。まじでさーこっちがまだ着衣なのに素早く下着をおろして抱きついて擦りつけて来る人なんなんだろ、なんなんだろうね? おわかりのこととは思いますが特定の部位から特定の体液を分泌している状態のことです。ああああああ今すぐ洗わせろ!!!と暴れ出したい衝動を抑えながら「衣服カラハ感染シナイ……」とか「服ノ汚レデ死ンダ人ハイナイ……」と自分をなぐさめることばかり上手くなります。

 

仕事中についてしまったタバコなどの臭い対策は、消臭とシワ取りのミストみたいなのを持ち歩いています。携帯用の小さいものも売られていてありがたいですね。
といっても脱いだ服にスプレーしてていねいに吊しておけることなどそうそうないのでシワの件については正直気休めにもならない程度なんだけど。そしてひっきりなしにたばこを吸う(しかもベッタリと寄り添いながら)お客さんに当たってしまったのに次の仕事がすぐ控えている時など、着た状態でシュッシュしたくなるよね……でも説明書にはきっと絶対「人体に向けてスプレーしちゃだめ!」って書いてあるはずなので、えっと、空間にバッとスプレーして急いでその中へ飛び込んで目をつぶって息を止めてクルクル回ればいいのか?バレリーナ少女漫画みたいな気分で?(たぶんちがう上に動きが不審すぎる)

すごくたまに「えっとあのうシーナちゃんタバコ吸うの?」とかって訊かれるんです。タバコのにおいする!って。タバコの似合わない外見(桃井かおりのように燻らせてみたかった)というだけでなく店のサイトに非喫煙表示がされているので、そこ見て呼んだ人は「えっ」てなるんだろうな。。前のお客さんのかーと頭では分かっても、ドアを開けてこんばんはした瞬間にふっとにおいがしたらやっぱり嫌な人は嫌なんだよねきっと。
(しかし「タバコ吸わない子で」というオーダーで行った仕事なのにお客さんがパカパカ吸っていることが稀にあるのはありゃあ一体どういうことだね??あぁん??)

本当は、脱いだ服にタオルを掛けて防御とかできればいいんだけど。いつもそうもいかないよね。
あとそんなヘビースモーカーの人に当たったらたぶん普通に髪がくさい。いや、髪用のスプレー的なものも使うけど、限界というものがある。家に帰ると想定の範囲を超えて自分がくさくびっくりする日がありませんか……わたしはあるよ……。

持ち歩くとなると、ちょっと見た目のダサくないやつがいいなとか思うのが人情ですよな。

下に行くにつれてお値段が高い。オサレか。オサレ代ですか。
携帯用は割高なので使い終わったらおうち用のを詰め替えたらいいよね(それは説明書も止めてない)。

なんだかんだと気を遣うことは多いですが、洗濯の排水と一緒に日々いろんなものを下水道に流しているよ。ザバザバ。

あ、あと今の時期たよれる洗剤!これ!洗うだけでお手持ちの衣類がUVカットに!!
レースのカーテンこれで洗いたい。