Tag: bedroom

ベッドサイドの碓氷峠【ヘアクリップ】

忘れ物は得意ですか? わたしは得意です。トトロが実在したらわたしの家と森を往復し続けてクタクタになることでしょう、かわいそうに。これまで数々の忘れ物を、ホテルやらお客さん宅やら待機室やらにおいてきました。中でも忘れがちなのが髪留めです。ぶっちぎりのダントツで髪留めが優勝です。いったいいままでいくつなくしてきたんでしょうか。
ああ、考えると落ち込んでしまいます。
どうせ消耗品だと割り切って100円ショップで買うこともあるんだけど、なんか、開け閉めの感触とか、留まる瞬間の感覚とか、あとバネの部分がサビてくる早さがやっぱり違うような気がしてしまう。ので、500円から1000円くらいのものを使うことが多いです。

シャワーを浴び終えてベッドに戻ってきて、まあその時々でいろいろですけど横になる前に外しますよね。んでベッドのそのへんに置くんですね。「そのへん」としか言いようのないエリアに。これがあらゆる小物を飲み込む魔性の「そのへん」なんですよ。
それでどーたらこーたらがあって、またシャワーに行くときにつければいいんですが、というか濡れるんだからつけたいんですが、諸事情で手が汚れていることがあるよね、ていうか汚れてるよね。わたしはよほどの大迷惑ヤロウでなければ唾液や汗あたりまではセーフにカウントしちゃう(嫌だよ?嫌だけどね?)んだけど、唾液と涙と汗以外の体液やローションがべっとりついていたら髪は触れない。

だから、両手とも汚れているんだけど、なのにもうありえないほど時間がない!!
……ってとき、タオルの端っこの端っこをつまみあげなんとなく二の腕の加減で身体に沿わせてシャワーに行き、もう毛先濡れてもどうでもいいわいと半ばヤケになってそのまま浴びちゃって、それをやっちゃうとよく髪留め忘れる……。

タオルをボワッと(畳んでなんかいられない)置いて、手を洗って、のろのろしている客(どんなに時間がないと伝えても急がぬこと山のごとしな人っていません?)を心の苛立ちを悟られないように洗って拭いて、自分の身体を超特急で洗って若干水滴が残ってるのもかまわずバーッと戻ってきて、そしたらもう「ちょっちょっあたしのパンツどこに脱がしたよ!?」でアタマの中いっぱいじゃないですか。はるか昔にベッドサイドの「そのへん」に置いた髪留めのことなんて忘却です忘却。

それでも最後の最後にお部屋を見渡す余裕があればよいのですが、視界を遮るかのように立ちはだかってベタベタと抱擁を求める人や何度も何度も「お時間ですので」と申し上げているにも関わらず「あと何分〜?」とすっとぼけやがってなおも身体をまさぐってくる人やメールアドレスもしくはLINEのIDを言わねば帰さぬ!この砦は開かぬ!!と息巻く人を宥めるという最後のお仕事にかかりっきりにならざるを得ないことも……あるし……。

(ていうかこれうちの店がもっとタオルを潤沢に支給してくれれば解決する話なんだけど、荷物が大きいのは美しくないとかふざけたこと言ってあまり持たせてくれないんだな、タオル入るバッグ買い換えるのがめんどいって言いなよ。素直になれよハハン)
(あと最初から髪をまとめた状態でプレイできればよさそうだけど、お客さんって、なんか……髪を下ろしてほしがりませんか?多少振り乱してほしかったり、自分の指で梳いたり撫でたかったり、髪をほどく仕草を見たかったり、いろいろあるんだと思う)(自分の体液がべったりついた手で撫でてくるやつ大晦日に虫歯痛くなれ)

だいたいはドアを閉めた瞬間、またはエレベーターに乗るあたりで、あっ!!って思いつくんです。あっあれ入れた記憶ない!わすれた!!って。でも、現金でない限り取りには戻れないよね。
なんていうか……せっかくこの数十分間に費やしたあれやこれや、戸惑いや遠慮や苦悩、演技、さまざまな感情さまざまな労働を箱に入れて封をして、時にはムカつきやみじめさも水に流して最高の笑顔作ってドアを閉めたわけだよ。最後のページに震える手で『 – 完 – 』と記したもんは覆しちゃなんねえってもんよ。なあ。震える気持ちがよみがえって江戸の人みたいになっちまったよ。
まあ、別に顔を見たくない相手ばかりってわけじゃないけど、お客さんにとっても戻ってこられるのは負担だろうし、また来て欲しい相手ほどきれいに終わりたい。つまり忘れ物もしちゃダメ!ダメだぞ!

と、何年も思ってます。思ってはいます。いますよ。

 

はじめて勤めた店では先輩女子たちはみんなくちばし型を持っていました。これをナイロンバッグの側面に止めていた。そのデザインによって誰のバッグか識別できるという機能も兼ね備える優れたシステムでした。
くちばしクリップの最大のメリットはいざというとき武器になることかもしれません。

出身地が商品名になってるシリーズ。わたしはどちらも持ってます。普通〜やや多めくらいの毛量のひとならフランスで十分とまると思うんだけど、ドイツクリップにはなんとも形容しがたい他にないホールド感があり、このギャシィッ!!と掴まれる感触がハマる人にはたまらないのではないだろうか。
レビューにある通り、ドイツちゃんはツメの先の造形がマイルドではないので、無造作にとめようとして頭皮にぶつかると痛いです。

留まったときのカタチのかわいさでいったらこれかなあ。クルクルッとまとめて適当に挟むだけでちゃんと留まるのもえらい。おだんごが作れない長さと量の人は厳しい(たぶん全然留まらない)と思います。あと弱いです。2回落としたら寿命が尽きます(めっちゃ割れやすい)。

この価格帯の実用重視で目立たないクリップでは、個人的にはこれがいちばん好きです。これはだいたい10cmくらいで、7cmくらいのSサイズもあるよ。池袋駅のハックエクスプレス(ドラッグストア)で売ってて、西口で働いてたころよく買っていました。予備に同じものをいくつもいくつも買っておくことで心の平穏を得ていた。健気だったな……。。

 

タイマーにまつわる主に不満 -2-【キッチンタイマー】

〜前回のあらすじ〜
まともなタイマーを支給してくれない店に業を煮やした「制服イメクラ・池袋パネマジ女学院」(仮称)のコンパニオンたち。われわれが一日に2000円も払っている『雑費』とやらはならば一体何に消えているのだ!?店長の胸ぐらを掴んで問いたい思いをそっと胸にしまい、駅前の家電量販店へ乗り込んだのであった。

 

今いちばん多く使われてるのって、これじゃないかなーと勝手に思っております。テンキーってすばらしい。かわいいし。分単位しかセットできない(秒の概念はない)ので、ゼロを押さなくて済むのもいいですね。だめになっちゃう時はたいていスタート/ストップボタンから効きが悪くなります。あとヘタが。ヘタがぽろっと取れる。一気にいちごアイデンティティが損なわれてしょんぼりした感じになるので、やさしく扱いたいものです。あとこれ地味に3ケタ打てます。

いちごはよくてナスはだめなのかよ、なんのメタファーでもねえよ野菜だよオレは、と言われると自らの心の狭さを認めざるを得ません。でも……なんか……やだ。

これもけっこう見かける。このタイマーのすばらしいところは、側面に音量スイッチがあり「Hi」「Low」「Silent」から選べる、というところです。
サイレントにすると操作音も鳴らない(ランプが光るのみ)ので、小さなバッグしか支給されず常に荷物がぎゅうぎゅうな場合でも歩く拍子にピッピピッピと鳴らさずにすみます。あと、お客さんと接していくうちに「あ、この人10分前のアラームじゃ厳しい」みたいな悲しい予感に至った際、そっと時間を短く打ち直すのも容易になりますね。サイレント、すばらしい。

DRETEC デジタルタイマー スリムキューブ ブルー T-520BLDRETEC デジタルタイマー スリムキューブ ピンク T-520PKDRETEC デジタルタイマー 「スリムキューブ」 ブルー T-148BL

デザイン違いがいろいろあってかわいい。
【余談】アフタヌーンティーで売られているキッチンタイマーはドリテックのOEM商品(コラボみたいな)で、この型番もよく見かけます。家電量販店のものよりは少し高くなっちゃうけど、お花や小鳥などのさらにフェミニンなデザインが多くてかわいらしいです。自宅のキッチンで使っています。入れ替わりがけっこう早いので惚れたデザインはその時お買い求めください。

ただね〜ただね〜……このシリーズ、設定時間の10分前と5分前に二度もプレアラームが鳴っちゃうんだよね。この機能、オフにできないんです。あってくれていいときもあるんだよ、でも、でも、いつもじゃない。これを切り替えられさえすれば最強なのに!!!惜しい!惜しいよ!!

99分よりも長い時間(99時間99分99秒)(そんなにいらないけど……笑)いけるバージョン。二桁増えるぶん表示は小さいけれど、むかしこういう携帯電話あったよね? と思って胸がきゅんとなり、買ってしまいました(その携帯が2003年のプロダクトであったとさっき知りひっくり返りそうになりました。時の流れがショックすぎる)。120分を超える仕事のときに使っています。貸し切りレベルの本気で長いコースだったら、カウントアップにして使う方がわたしはわかりやすいなあ。

いちごちゃんの長時間版もありました。そんなにいらないのはわかっているが、赤とピンクで並べたい。
(Amazonよりもヨドバシ.comが安かったです)

タイマーのことひとつでも、同じワーカーでもその時々、お客さんやシチュエーションによってプレイの時間配分は多種多様に変化するものであるとわかります。
ドリテックの中の人(もしくは中の人と懇ろな方)、もしいらっしゃいましたら是非スリムキューブのプレアラームなし版を作ってくださるようお伝えください。ぜったい買う。いっぱい買う。

タイマーにまつわる主に不満 -1-【キッチンタイマー】

働くわれわれの友達といえばこの人ですね。キッチンタイマー。
店舗型出張型、また業種問わずこれまで勤めた店の9割以上で、わたしの傍らにはいつも彼がいました。どこへ行ってなにをしてもそばにいてくれる存在。
支給されなかった店は、10分前になるとスタッフから携帯に電話が来るというシステムで。出るまでかかってくる方式で、そうね安心といえば安心でした。でもさあ、終了何分前にアラームがほしいかって、女の子にもその時のお客さんにもよるよ。10分前じゃとても間に合わない、時間ピッタリに出られやしないことの方が、多くありませんか……。
10分前ってシャワー浴びてることがすごく多いし、シャワーまでたどりつく一歩手前、お酒など入ってなかなか反応しづらかった相手と今まさに最後の共同作業、もう猶予はない、次の波に乗れなければ敗北、だからふたり呼吸を合わせて、さあ……!!ってところだったりも……します、よね。タイマーなら無視できるけど(それでも音に反応してプレッシャーでしぼむ人だっているよね)電話に出るってちょっとハードル高かったです、わたしは。

だいたい『終了10分前』だけが突然分かってもしょうがないのです。
プレイの時間配分の目安にするだけでなく、お客さんにそろそろフィニッシュに向けた努力をと促す、従わない客に数字で現実を示して差し上げ説得する(これ重要!)、目の前でセットすることで時短をしていませんよと暗に表明する、そういう役目もあるもんね。

携帯電話のアラームを使うよう言われた店もありました。それも店長が言うところのエレガントな音(プリセットのクラシックとか、オルゴールとか)を選ばないといけなくて、いちいち指導されていました。値段だけ見ると鼻血が出そうな高級店だったため、高級感がウリなのに雰囲気が一気に俗っぽくなる、という店長の気持ちはわかります。でも俗っぽくたっていいじゃないのよう。俗なことするんだもの。辞める前に一度でいいからオフスプリングとかの着うたをゴリゴリに鳴らしてみたいなーと夢想しながら働いたものです。マキシマムザホルモンとか。その店(というよりも店長)は一事が万事そんなふうにズレていて、女の子が居着かずにすぐつぶれてしまいました。

遠くなってしまった昔、わたしが初めて勤めた店で使っていたのはこれでした。あらなつかしい。そこは店舗型だったから特に気にしていませんでしたが、連れて歩くにはちょっとどっしりと大きすぎるんだ。電池がボタンではなく単4なのはいいですね。それがほんのり透けて見えてるこのダサ……個性を愛せるかどうかだと思う。でもいつまでも売られていてほしいとつい思ってしまいます。ピンクもあるよ。

こういうタイプしか支給してもらえないお店もありますね。この、分と秒のボタンしかないやつ。使えなくはないけれど、そのう、うるさい。何十回ピピピピピピピピ言わせたら気が済むというのか。ホテルヘルスなら百歩譲ってまだね、池袋のあのホテルや新宿のあのレンタルルームの玄関やエレベーターの中やドアの前でピピピピしてる女の子、風物詩のひとつともいえましょう。でもデリでこのタイプ持たせる店はちょっとどうかしてるぜ。

さらにひどいパターン。

小さい。
小さすぎる。
実際にこれを支給してた店長は「だって〜女のコたちすぐなくすじゃ〜ん」って言ってましたけども、そりゃなくしますよこんな小さいの。愛着も持てないよ。
他にないの!?と女子一同でワーワー言った結果、しぶしぶ倉庫へ入って行ったスタッフが持ってきたのは……

……。いえあの、いいんですよ、アナログ。壊れにくいし。電池切れという概念もないですし。エコだよエコ(こぶしを震わせながら)。
でもさー。動いてるあいだ中ずーっと、カチコチカチコチカチコチカチコチカチコチ音がするよね。制限時間内にいかせられないと爆発するんじゃないかって思うよね。そして満を持して鳴るときはじりりりりりりりりり!!!って言うよね。避難訓練みたいに。そう小刻みに震えながら。

わたしたちがほしいのは、ただの「普通の」キッチンタイマーなのに……。
かくして乙女たちは立ち上がった。

つづく。