わーおなんてこった。パート3まで書いたつもりになって忘れてたリップの話、2までしか書いてなかった!
なんてポンコツなわたしの記憶装置よ……しかしその間にまたリップクリーム売り場が幅を利かせる季節がめぐってきたのに乗じて、こっそり更新します。

本日はコスメキッチンとかビューティーアポセカリーで売ってる系の、植物の油をミツロウやらで固めているのみのリップの話をします(生活の木に行けば似たものなら作れるのでは、とつい思う系)。わたしの得意分野、というか好きな分野です。いま仕事のとき使ってるリップものもだいたいそれ系のやつです。うるおす、というよりも乾かないようにする、そういうのが好きなので。

オーガニックでなきゃ、とか、化学物質を排除したい、みたいな気持ちはとくにさらさらないのですが、くちびるに付けたものって結局ぜんぶわたしと客の口の中に入ってるはずなので、まあ気休めというか、「客たちに優しい椎名はえらいな!最高だな!きっといいことあっぞ!」と自分をヨイショしてテンションを持ち上げるおまじないですわ。
実際には「人間だいたいのものは代謝できるだろ〜どうとでもなるだろ〜」と思ってます……だから平気で上からケミカルな口紅を塗りまくる。

Smile-soothing moisture. Pick your favorite all-natural flavor or sample them all.

A post shared by Burt's Bees (@burtsbees) on

バーツビーズ!かつて一度日本撤退という大きな悲しみを我らに与え給うたバーツビーズ。復活したときには嬉しさと、代理店やら何やらの都合で日本から消えたブランドがまた戻ってくるという心強い先例[*1]をもたらしてくれました。ブルジョワやスティラやオリジンズもいつか戻ってこないかな……。
日本で手に入らなかった期間には、iHerbから個人輸入するという手段に(当時は今より円高だったこともあり)救われましたが、今では取り扱いがなくなっているみたいです(Vitacostでも買えない)。

上の写真で真ん中にある「クラシック」、フレーバー名じゃないから無香なんだろなって思いがちですがミント配合。苦手な人は要注意だよ。
ぜんぶの種類を試したわけではないけれど、全体的にあっさりめで、くちびるに滑らせる感触は「ツルツル」って感じかなと思います。もっとしっかり守られ感が好きな人はこの写真に載ってない「ウルトラコンディショニング」(amazon)っていうのがよいです。他のより少し高いんだけど重みがあってかつしつこくなく、一度知ったら戻れなくなった。まあウルトラだからな、ウルトラじゃしょうがないよな。
つづきを読む…