前回からの続きです。ていうかいま読み返したけど長ッ!
反省しました。だが残念、きょうはもっとしつこくなると思います。
なぜならデパートで買える系コスメブランドの話をするからです。もうセルフケアというか趣味、コスメ道楽の域の話。ほぼ『回想 〜伊勢丹&三越での思い出〜』になる予定です。飲み屋さんで延々とくだを巻いている人だと思って読んでもらわないと無理だと思います。もうちょっといなさいよ、一杯おごるから(お酒の飲めないわたしが非常に憧れているセリフです)。

Amazonで売られているデパートコスメはマーケットプレイスのもの(Amazonでもメーカーでもないお店がAmazonに場所を借りて販売してる)が多く、全部じゃないけどときどきちょっとびびるほど上乗せされていたり、さりげなく何週間もかかる並行輸入品だったりするので注意が必要なんですが、アマンゾ閣下のリンクを貼らせていただくことで見やすい商品の画像を使えている立場なもので、すみませんがそのあたり各自でよろしくお願いしますよ。いちおう公式も貼っとく。

あっその前にどうしても言いたいことある……前回書こうと思ってすっかり忘れちゃった、とても大切なこと……
「サベックスが買えなくなる日が来るだなんてなあ[*1]」普段から使ってたってわけでもないのに、なくなったと言われると身勝手に切ないのであった。

 


プランパー系(カプサイシンなどの刺激を用いて唇をふっくらさせるやつ)の刺激に弱い箱入り椎名なので王道のマキシマイザー(上の段の左のやつ)がちょっと苦手なのですが、シルバー+ピンクのデザインがかわいいなァ〜と思いカウンターでニヤニヤァ〜と眺めていたところリップグロウをすすめられ、でもお試しさせてもらったら時間が経つにつれて色(pHだったか水分だったかに反応して発色するので超個人差ある)が予想外にどんどん出て、最終的にけっこうバブリーな色になってしまい狼狽。もし仕事で使ったらホテルのドア前ギリギリで不安になって鏡ゴソゴソする羽目になるのでは、と怖じ気づき、次に出てきたのがこのポメイドでした。しかしなんだか前のふたつと比べてしまうと単なるピンクのプラ容器が地味に思えてしまって……もうDiorじゃなくてもいっか、となってしまった申し訳ない思い出の一品です。何様のつもりなんでしょうね。
でもつけ心地は気に入りました。さらりとしたジェルのようなオイルのような感触のあとから「くらえヒアルロン酸!」って聞こえてくる感じ。バニラ&ミント(かなりほのかでした)のフレーバーが嫌いじゃないひと、機会があったらタッチアップしてみてください。グロスの下地にもよさそう。
つづきを読む…