ごぶさたしております。冬季休業を終えて戻ってまいりました。
ツイッターを長く読んでくれている方にはおなじみかもしれませんが、わたしは根っからの冬ディスり芸人です。活動内容といたしましては、メンタルフィジカルスピリチュアル、すべてのパラメーターに不具合を起こしながらインターネッチュに向かって冬へのうらみつらみつらみ、つらみに満ちたつらみを書きながら生命の維持のみに徹する、そんな感じです。ただでさえやる気のない人生がさらに生産性を失います。

なので冬季は仕事の方もなかなかはかどらないというか、まあひどいありさまです。気温と比例して出勤率が著しく低下し、店長からの「お元気ですか」というメールにも翌日返信すれば良い方。冬の間ろくに働かず過ごすための貯蓄を作るため夏に働く、ひとりアリとキリギリス状態です。
わたしが寒冷アレルギー(※)を持っていることは伝えてあり、冬の始まりには「そろそろつらい季節ですね、大丈夫ですか」と気遣ってくれる優しい店長には本当に感謝していますし、もし勤務中に具合がわるくなった場合などはしっかりと配慮してくれるはずなのですが、冬が深まるとそもそも出勤しないのでその優しさに触れる機会もない。すさんだ心を抱えて家に閉じこもるばかりです。
たまーに、いくぶん気心の知れたお客さんに頼まれたときだけちょこっと行く(いわゆる姫予約ですね)くらい。われながらいい気なもんですわぁ……さすがですわぁ……(預金残高を見ながら)。
昨シーズンは素敵な男の子たちがぞろぞろ出てきてスケートをするおもしろいアニメが盛り上がっており(いまだ活気があるのがおそろしい&ありがたいですね!)冬ごもり生活のこの上ない励みとなってくれましたが、ふと「この画面の白い部分が表してるのって……氷だったっけ? えっこれぜんぶ氷!?」と思うと想像じんましん(想像妊娠みたいな……)が出そうな錯覚に陥り不安定な気持ちになるため「いや違う。あれは白くてつるつるした綺麗な石です」と思い込みながら見ました。その美しさから氷と呼ばれる、すごく高貴な石です。
現実のフィギュアスケートをテレビで観るときもそう思っています。

ちがうんだ、大げさな盛りですべってるんではないんだ、シーズン中の寒ダメ族は普通にこんな感じなんだよ……!!

(参考:2017年3月5日のtwilog

いま「わかる〜」って言ってくれた人もいたと思います。信じてます。

そうしてぐじぐじと過ごしていた間もアマゾンから毎月律義に送られてくる「あんたのアソシエイトの件だけど、今月もまた支払える最低金額に全然足りてないんだよね。ズッ友だし繰り越してあげるけど」というメール。うんうんわかったよ〜と開封し、しかしその文中にチマッと記載されている現在の残高が『JPY 63』とか、ちょっと増えているではありませんか……やっべえ……こんなにも更新していないのに、思い出して来てくれた人がいるんだ……すみませんありがとうございます、すみません……と思い、どの面下げてまたやってきたわけです。

またぼちぼちおしゃべりしますね。よろしければおつきあいください。

※ 発症する機序がまだよく分かっておらず、正確にはアレルギーではない疾患と考える説もあるらしいです。いつか解明されてほしい……。
同病仲間さんやその他の冬季に悪化する問題を持つみんなに、遅ればせながら2016-17シーズンのお疲れさまを思ってます。夏季の苦しみを持つ方たち、軽くすみますように。