着々と寒くなりゆく、と見せかけて突然暑かったりする変な時期ですがお元気ですか。
シーナちゃんが生足サンダルでなくなる瞬間が一年で最も物寂しい、と言ったお客さん(素足愛好家)がいました。風流とは花鳥風月脚、の5つだそうです。死んでしまった蝉を見る気持ちだそうです。わたしの下半身に自然のわびさび、もののあはれを感じてくれても別にかまわないのですが、その例えはちょっと。

学園系イメクラを辞めたときに「これで仕事の日もネイルができるぜ〜」と思った話をいつかしましたが、同時に考えたのが「あ、ストッキング買わなきゃいけなくなるのか……」でした。
カジュアルなら全然必須ではないけれど(でも最近はTシャツにストッキング履いてる若い女の子も増えましたよね)、コンサバな服装を求められるお店だと必要になってくるし、あとOL系・秘書系のコスプレ制服があるお店でも、ストッキングは下着扱いで自前だったりすることありますね。支給してくれる良心的なお店にも勤めたことがありますが、支給してもらえるだけあってとことん安物だったのか「息してるだけで伝線する」レベル、驚異のもろさだったので結局みんな自分で用意していました。ティッシュみたいに破れたぞい。

たぶんプレイに使うもの(ジャーッと派手に破れないと困る)と兼用だったんでしょう。

決して主役ではないシンプルなものであっても、ストッキングに求めることってけっこう多いです。肌をきれいに見せてほしいし、チクチクしないでほしいし、履く時の感触はスルッとスムーズであってほしいし、伝線しないで長持ちしてほしいし。
ストッキングって、わりとお金を出した分は裏切らないって印象(ある程度価格の高いものはみんな品質も間違いない)をわたしは持ってて、そしてお高めのストッキングって本当に素敵だし履いていても幸せなのだけど、でも仕事用のものにそこまでかけられません。

か、かわいい……。Girardi(ジラルディ)というイタリアのブランドのもの。かわいいなあ(いちまんえん以上します)。

プレーンストッキングなら、1000円出せばけっこう選べて。素足っぽく見えるでおなじみのLANVINも、マッキントッシュフィロソフィーも、ジバンシーも確か1000円くらいだよね。ありがたいことです。
でも、出勤して1本目についたお客さんが熱血がっつき張り切り系で、はやる気持ちのまま手を伸ばして勝手にガシガシひっかいてくる人で、あっという間にダメにされる、ってことも、なくはないじゃないですか、ねえ。下着や服はそれなりの触れ方をしてくれるのになぜかストッキングは雑に扱う人(というか存在に気づいているかすら怪しい)、いるもんね……そんな時、「テルミーテルミーテルミードゥー……今後コンビニでコーヒー買うとき微糖と無糖をまちがってしまえ!」[*1]と背中に向かって呪うくらいで1000円を水に流せるかっていうと……うう、わたしそこまで心広くない……。知らない仲じゃないならさておき、一見のお客さんには1000円のストッキングを履きたくない。って書くとかなりアレな感じしますね。おう、その程度の女だよおいら。なんとでも言ってくれ。

つづきを読む…