着々と寒くなりゆく、と見せかけて突然暑かったりする変な時期ですがお元気ですか。
シーナちゃんが生足サンダルでなくなる瞬間が一年で最も物寂しい、と言ったお客さん(素足愛好家)がいました。風流とは花鳥風月脚、の5つだそうです。死んでしまった蝉を見る気持ちだそうです。わたしの下半身に自然のわびさび、もののあはれを感じてくれても別にかまわないのですが、その例えはちょっと。

学園系イメクラを辞めたときに「これで仕事の日もネイルができるぜ〜」と思った話をいつかしましたが、同時に考えたのが「あ、ストッキング買わなきゃいけなくなるのか……」でした。
カジュアルなら全然必須ではないけれど(でも最近はTシャツにストッキング履いてる若い女の子も増えましたよね)、コンサバな服装を求められるお店だと必要になってくるし、あとOL系・秘書系のコスプレ制服があるお店でも、ストッキングは下着扱いで自前だったりすることありますね。支給してくれる良心的なお店にも勤めたことがありますが、支給してもらえるだけあってとことん安物だったのか「息してるだけで伝線する」レベル、驚異のもろさだったので結局みんな自分で用意していました。ティッシュみたいに破れたぞい。

たぶんプレイに使うもの(ジャーッと派手に破れないと困る)と兼用だったんでしょう。

決して主役ではないシンプルなものであっても、ストッキングに求めることってけっこう多いです。肌をきれいに見せてほしいし、チクチクしないでほしいし、履く時の感触はスルッとスムーズであってほしいし、伝線しないで長持ちしてほしいし。
ストッキングって、わりとお金を出した分は裏切らないって印象(ある程度価格の高いものはみんな品質も間違いない)をわたしは持ってて、そしてお高めのストッキングって本当に素敵だし履いていても幸せなのだけど、でも仕事用のものにそこまでかけられません。

か、かわいい……。Girardi(ジラルディ)というイタリアのブランドのもの。かわいいなあ(いちまんえん以上します)。

プレーンストッキングなら、1000円出せばけっこう選べて。素足っぽく見えるでおなじみのLANVINも、マッキントッシュフィロソフィーも、ジバンシーも確か1000円くらいだよね。ありがたいことです。
でも、出勤して1本目についたお客さんが熱血がっつき張り切り系で、はやる気持ちのまま手を伸ばして勝手にガシガシひっかいてくる人で、あっという間にダメにされる、ってことも、なくはないじゃないですか、ねえ。下着や服はそれなりの触れ方をしてくれるのになぜかストッキングは雑に扱う人(というか存在に気づいているかすら怪しい)、いるもんね……そんな時、「テルミーテルミーテルミードゥー……今後コンビニでコーヒー買うとき微糖と無糖をまちがってしまえ!」[*1]と背中に向かって呪うくらいで1000円を水に流せるかっていうと……うう、わたしそこまで心広くない……。知らない仲じゃないならさておき、一見のお客さんには1000円のストッキングを履きたくない。って書くとかなりアレな感じしますね。おう、その程度の女だよおいら。なんとでも言ってくれ。

結局そのうちATSUGIや福助[*2]の1000円未満で買えるものに落ち着いてしまいました。
地味だし特別ときめくわけじゃないけど、気楽にいられるし、安心感がすごくあるし、それって大切なことだと思う……雑誌でよく見る結婚がらみの特集みたいなことを言ってしまった。

どちらかというとATSUGI派なのでアスティーグシリーズを勝手に解説すると、いちばん伝線しにくいのはやっぱり【強】だし穴が空いても広がらなくてありがたいんだけど、繊維がしっかりしてるので着脱にちょっと力がいります。仕事のときみたいにさりげなくササッと10秒で履きたい場合(本当はゆっくり履きたいけどさ、じっくり見られたいポーズじゃないじゃん…?)はちょっと大変だと思う。【圧】はもっと大変。そりゃそうだ。【肌】[*3]はもう少しはやわらかい。【透】はノンサポートフニャフニャ系(透明がウリのストッキングってだいたいそうだよね)なので練習すれば10秒の夢も夢ではなさそうです。【魅】はきれいだけどオールスルータイプの宿命で、足のネイルにストーンとかついてるとつま先から破滅しがち。

それから、よく言う「素肌っぽさ」っていうのは、メーカーやブランドもそうだけど色選びにも依存する項目だよなって思います。
わたしの脚の肌色は資生堂のパウダリーファンデーションならベージュオークル10(撮影の時塗ってる)より半歩明るいかどうか、といった感じで、アスティーグでは【透】ならヌーディベージュ、【肌】と【魅】ならシアーベージュが近いです。スキニーベージュもほっそり見えてきれいだし、プライベートならファッションに合わせて肌色よりも白っぽい色や濃い色も使いこなせたら素敵なのだけど、たぶん男の人には通じにくそうなので仕事はそればっかり……可愛いデザインストッキングも大好きだけど、わざわざ見てくれるタイプのお客さんにしか伝わらなくて効率が悪いのであまり出番がありません。職業キャリアとともに収入に結びつかない投資が削られてゆくのはあるあるではないだろうか。。

 

 

ところでストッキングって、サイズ選びに悩みませんか。
この中央の重なりエリアにすっごい人数集まってるはず、150cm台後半の人は悩んじゃうよ、といつも思ってて。

index_il02 via: atsugi.co.jp

迷ったら小さい方を、ってよく聞きますよね。編んでつくってあるものだから、その伸縮でかなりどうとでもなる、んだろうな(海外のはそうもいかないってむかし同業の先輩が言ってました。Mでもしっかり長さがあって、なのにウエストはビシッと締めてきやがる!って。ピエールマントゥーだったかな、でも素敵だよね)。

ウエストの跡がつくのを気にして上のサイズを選ぶ人も多いと思います。ストッキングに限らずブラの跡とかもな……ある時期を過ぎるとちょっとやそっとでは消えんようになるんじゃ……お若いのよく聞きなされ……シャワーのお湯でもたらされた血行によってベッドに行く頃にはきれいサッパリ回復できているようなうちは気がつかんのじゃ……しかし「うっすらと残った跡がなかなか消えない」というのもな、これがなんとも色っぽかったりするものじゃ。気に病むことはないのじゃよお嬢さん。と、謎の長老が申しております。でも本当だよ。わざわざいらんことを言うような、もののあはれが分からない殿方は置いていきましょう。

わたしが実際に仕事で履いているのは、今はほとんどセパレートタイプです。
セパレート、好き嫌いがあると思うので誰にでもお勧めはできないけど、いやじゃなければ便利だよ。装飾の多いショーツも履けるのが嬉しいです。すべり止めにシリコンがついているものもあるので、苦手な人は確かめて買ってね。たいていちゃんと書いてある、と思います。

わたしのお得意様に脚の好きな方が多いので、イスとかベッドに座って(ときには立って[*4])、跪いたお客さんにストッキングを脱がせてもらう、っていうお遊びをする機会が多くて。そういうときは断然、片足ずつの方がロマンティックな気がします。
繊細なものをそうっと取り扱う姿を見るのは愉しくて、これはわたしも好きなプレイのひとつです。他人のストッキングをきれいに脱がせるの、難しいと思う。手指にささくれや固くなった角質があると許されない(笑)ので、なめらかにいられるようお手入れの仕方を教えてあげたりするのもたのしい。本当はガーターがいいんだけど、素人好みのお客さんに全ッ然ウケないので普段は勿体ぶって眠らせています。ガーターベルト&ストッキングはその良さを知っている人で埋まった日、または貸し切りの時のお楽しみです。

でも、ストッパー部分がレースになってるものはなぜかわりとみんな「かわいい」「すてき」って言うんだよね……ガーターベルト、という記号が示す手練手管感みたいなものがいやなのかも、きっと。記号のイメージって強くて、簡単には動かないものだと思うので、最初はお客さん世代(つったって広いけどさ)の男性が漠然と持ってる先入観を、その正誤や虚実はとりあえず置いといて乗っかっておくしかないこと、多いですね。疲れるけど。
関係が深まると、あっけないほどするりとほどけたりするんだけど。それもおもしろいよね。

 

 

 

*1マドモアゼル★ゆみこをいまだにパクりながら呪っています。
*2 福助の満足シリーズって昔かわいい鳥のイラストついてなかったっけ?気のせい?
*3 【肌】と【強】には「ゆったりサイズ」があり、グラマラスな友だちに評判が良かったです。ヒップのゆとりが違うんですって。
*4 9cmヒールを履いて片足で立ちながら片方のストッキングを脱がされるといろいろな筋肉に効く。

 

 

……書こうか迷ったんだけど、やっぱり書いておきます。
脱いだストッキング、わたしは洋服と同じ場所にたたんで置かず、さりげなくバッグの中に入れたりして隠しています。
ストッキングって脱いでしまえば『丈夫な紐』なので、ふと目に入ったことでお客さんが例えば「ねえねえ、縛ってみてもいい?」なんて軽ーい気持ちで思いついてしまう可能性があると思って……そういうこと、実際あるんですよね。ありました。
もちろん断ればいいんです。でもその場に生まれる(なんだよケチ、減るもんじゃ無し)VS(なんなのこの人、怖い)という一瞬の空気によってもたらされるデメリットは、こちらがまるごと被ることになります(ちなみにわたしは「店の規定には『お客様の持ち込んだグッズの使用は禁止』としか書いていない、だからこれはルール違反じゃない、やれ」といってゴネられたことが)。
そんなささいな用心をしても無駄だ、と笑う人がいるかもしれません。どうしてもどうしても縛りたい客は、自分のネクタイでだって構わないでしょうし、こっそりと道具を隠し持つ客もいるかもしれませんし。
でも、だからすべての用心が無駄、ということではなくて、
『ふと魔が差した』みたいなものについては防げるものなら防いでおこう、少しでも安心な気持ちで働きたいね、っていう、ね。
ふとした弾みの思いつきで、腕や足を縛るよりもっと重いものを脅かすスリルに浸ってみたい衝動に駆られる人間も絶対いないとは言いきれない。ストッキングはそれができてしまいます。こちらにできることは『きっかけとなる物を手の届くところから離す』くらいです。それは「よしこれで大丈夫、わたしってこんな細かいところまで万全だわ〜」と自分に言い聞かせて自己満足する、密やかなリラックスのおまじないとしても効果があります。

怖がらせるようなことを書いちゃってごめんなさい。でも実際にはきっと、いえ絶対に、あなたがそんな目に遭うことなどありやしません!これはただの余計なおせっかい。おせっかいでしかないと信じてる。
わたしはいつも祈ってるし、それはわたしだけじゃないし、この強い念できっと守れるから。大丈夫です。あなたの履くストッキングはいつだってあなたの美しい脚のためにあり続けるよ。ララベルララベルベルラルラ〜!明日もいい日でありますように(これもマドモアゼルゆみこ)。

1 Comment on シアータイツってお呼びしたほうがいいですか?【プレーンストッキング】

  1. Twitterにて、セブンイレブンのストッキングをおすすめしてもらいました。「しっとりしてるし破けても広がらない」んですって!最高じゃないか。
    わたし自身は試したことがないのですが(Sサイズがないので未チェックだった)(そうさおいらはチビだよ)、「セブンのストッキングはグンゼのOEMだから安心して買うべし」という情報は仕入れたことがあるよ……!
    サブリナやTuche作ってるグンゼなら安心ですよね。
    出先でなにかあったらセブンに駆け込もう。

    ↓これのことかな
    すっきり美脚パンスト 2足入 – セブン-イレブン