たわいないはなし

2012

いつにもましてお正月気分がぜんぜんしません。
それでも日付は変わります。
お慶び申し上げるほどの気持ちでいなくても、どんな仕様もないことが起こっても、日付だけは律義ですね。

わたしといえばMacBookのメモリを増設しているうちに2012がそこにいました。
10年前にはこれを自分で出来るなどと夢にも思いつかず、こんなことがすいすいできるなんて男の子ってすごいなあと思っていました。今思うと笑ってしまいます。
あのときは、512MBを1GBにしたんでしたっけ。
それにしてもメモリは安くなりました。
タイムマシンで買いにきている2009年ごろの人が、もしかしたら紛れているかもしれません。

目覚めたMacは以前に比べてずいぶんとすっきりした面持ちでしたので、あ、よかったね、と思いました。
わたしも、やりたいな、それ。
やれればよかったのに、あいにく人間なのでだめなんだそうです。ちぇっ。

メモリひとつ取り換えられないシステムのくせに大きな顔をしている人間のわたし。
壊れたらそれまでの野蛮な存在。

「だれだってできるよ、静電気だけ、気をつけるくらい。ああ、あと、ネジ。なくさないことと」
そう言ってくれたあの子がもしもわたしにもっといばっていたら、女の子にはできないだろうね、と言っていたら、わたしは今もひとりでMacBookの裏のフタを開けられなかったでしょうか。

タイムマシンがいつも、もしあれば、未来を夢見て過去を懐かしむだけの小道具として語られているといい。
誰もがみんな同じように、そのこと以前に戻りたいと願うような日が、来ませんように。
そんなおそろしいことが、起こりませんように。

 

じっさいにはほんとうにタイムマシンが使えたら過去のじぶんに全財産をアップルの株につぎ込めって言いにでかけるよね。

2012-01-02 | カテゴリ: たわいないはなし | |  

 

スポーツニッポン1230

昨日12月30日のスポニチに書いた文が、出来はともかくわりと自分で好きな感じだったので、
たまにはtwitterで宣伝してもいいかなと思っていたのですが

きれいさっぱり忘れておりました。
ああ。

なので、年の瀬のどさくさに紛れてここに置いておきます。

つづきを読む

2011-12-31 | カテゴリ: たわいないはなし | タグ:  

 

バスルーム

クリスマスにお客さんから、バスオイルのギフトをもらった。
特別なイベントごとでなくても、プレゼントに入浴剤をもらうことが多い。

女の子への贈り物、という感じがするし、使ってなくなるものをと思ってくれるのだろう。でも普段あまりお風呂まわりにこだわりのなさそうな(タワーマンションに最新の家電と住んでいて、お風呂ものはコンビニで買える商品ばかり)人が、どこでもは売っていないとても凝ったセレクトのものをくれて、不思議に思ってそっときいてみたことがある。

そうしたら「シーナちゃんお風呂が好きそうだから、デパートで店員さんに入浴剤の高くていいやつくださいってきいたらこれが出てきたー」という返事がかえってきた。 風呂場で長いこと遊ぶから、お風呂好きのイメージなんだよね、と。
実際にはお風呂でプレイするのはその人自身の趣味で、最初の時に頼まれて以来わたしは続けているだけなのだけど、そのときはとてもうれしかった。

彼らはお風呂場にいると、素直なように思う。ベッドの上よりも。
泡だらけになって洗い合ったり水鉄砲を飛ばしたり、という時間だけでなく、お湯の中で絡まり合って身体を触ったり舐めたりしている時でも、ベッドでのそれに比べると獰猛さや図々しさが弱まっているように感じるのだ。単純な楽しさ、うれしさ、男の人が持つどこに向けられたものでもない甘い恥じらい。そういうものがシンプルに伝わってくる瞬間に、バスルームで出会うことがけっこうある。それはとても素敵なので、疲れるけれどやめられない。

水に触れたり血行がよくなったりしてリラックスするせいなのかもしれない、となんとなく自分では考えていたのだけど。
「上になっていないから」というのも、あるんじゃないかしら……そんなことに、最近ふと思いあたった。

ベッドの上では、どうしても上と下ができてしまう。寄り添って愛撫することもできるけれど、それはあまりポピュラーではない。たいていの場合彼らは(無意識なのかそうでないのかはあるだろうけど)、上から覆いかぶさる形をとろうとする。
どちらがリードするわけでもなく上になったり下になったりするセックスがわたしは好きだけれど、仕事だとなかなかそうはいかない日もある。仕事であるうえ相手はよく知らない人なのだ、上下を交代することさえも上になっている人が主導権を握ることになる。それが男性で、まして「お客様の人」なんだもの。どうしても、あちらがこちらをひたすら「攻略」するようなプレイになる場合も多い(その時々での接客上のキャラクターなども少し関係しているだろうか)。そういうときの彼らは年代や性格が違ってもなぜか似通っていて平凡で、あとから思い出せない。

本番強要をはじめとする様々な「困った要求」は、たいてい上から降ってくる。 そしてこちらが受諾せずにいると彼らは迫ってくる、言葉や腕力や体重や、それをいつでももっと行使できるぞという揺るぎない威圧感をもって。それはあからさまに「気が大きくなっている」姿だ。

お風呂に入っていると、上下の体勢をとることはない。わたしが客の脚の間に入って向かい合っているか、同じ方向を見て重なるようになり後ろから抱えてもらう形になるか(これのせいでペディキュアをさぼれない)、もしくは向き合った彼の伸ばした脚の上にのっかってキスしたり、少し浮いてもらってフェラしたり。相手には基本的に安定した姿勢でいてもらって、その上でわたしがくるくると動く。身体の小さい方がささやかな主導権を持つ。 めったにないことだ。
それはなにげなく見えるけれど、彼らを「セックスにおける男らしさ」から、なにかひとつ解放する手助けとなることがあるのかもしれない。

自分のアシストがあったかどうかなんかに関わらず、とらわれていない人と過ごすことがわたしは好きだ。男らしさとか女らしさとか、公序良俗だとか金で買った関係だとか、とらえようとするさまざまな動きにさらされたこの場所で、それらに取り合わずただわたしの手を取って飛んでくれる人が好きだ。いつでもそうしようと誘っているわたしに気づいてくれる人がとても好き。

「高くていい入浴剤」は、もったいないというその人を説得して彼の家で使った。指の皮がふやけるまで遊んだ。

2011-12-30 | カテゴリ: たわいないはなし | タグ:  

 

夢について:セックスの相手

中学生の時に読んでいた雑誌の読者お悩み相談コーナーに「セックスする夢を見ました。わたしは変態なのでしょうか?」というものがあった。その女の子(おそらく同年代であったと思う)がその状況で「変態」という言葉に行き着くことにショックを受けたのでよく覚えている。

わたしはときどきセックスする夢を見る。だけどそれは、他の人がみているそれとは、違うものでもある。もしもその夢を調べたくなって「夢占い辞典」を開くとしたら(持ってないけど)、【セックス】ではなく【仕事】のページをまず引く、そういう夢もあるから。

仕事の夢、としてのそれは、特に余韻を残さない。夢の中の仕事でうんと気を遣って神経を磨り減らしていたときは、起きてからなんだかすっきりせず夢に文句を言いたくなったりもするけれど。

ときどき見る、そうでない方の「セックスする夢」。それらはほとんど、とても気に入ったものになる。ふだん夢の中ではあまり情緒が強調されないというか、現実よりも淡々と飛ぶように時間が過ぎることが多いけれど、そういう夢はたいてい、濃密でとても情緒的だ。夢の中でのわたしの感情が、とても豊かではっきりとしていて、それが目覚めた後もずっと残っている。

きのう、そういう夢をみた。

相手は夢の中でも現実の世界でも知らない、架空の男だった。恋人でも客でもないひと。夢でわたしが彼に対し好意を持っている、という演出もなかった。淡々とひたすら、言葉もなくただセックスしただけだった。

それはとても夢中で楽しくて、安心のある時間だった。相手が決してわたしを傷つけはしない、故意だろうとウッカリだろうと勘違いだろうと。それが保証されたような、安心がそこにあった。わかってもらえている、知ってもらえている。

そういう安心が現実のセックスにないことの不満があらわれた夢だったりして? と思わず自分を振り返ってみた。わたしは仕事外のセックスパートナーに対しては思うことをとても正直に話してしまう方だし、その点について夢に見るほどの不満を抱えてるってわけじゃないけど、求めるのは誰にも簡単じゃないことだと思う。当たり前だけど他人とすることだもの、自分でない存在の感覚を知る術はないし、ちょっとした痛みやちょっとした不快感と「そんなつもりではない」との間の細い隙間をちくちくと手作業で埋めてゆくのは、どちらにとっても気力の必要なことだ。

どんなに長く付き合って、何度も関係を重ねて信頼関係を築いた相手であっても、わたしだって爪の先を何かの拍子に引っかけてしまったり、指先の力がつい弾みで乱れたり、そういうことはしてしまう。されてしまう。100%の安心なんて、夢の中以外ではない。

痛いこと、あるかもしれないけど、もしそんなことがあっても怖くない。そう思ってもらえたら幸せだし、そう思ってもらえるようにいつも心を込めていたい。

セックスする夢のうち、特に強く印象に残って気に入っている夢の相手は、人間ではなくて水だった。水(正確にはぬるま湯)とのんびり抱き合っていた。
人間に期待しないあまり無機物との愛に目覚めたか! と自分の脳みそにときめいたものでした(そんなんじゃないけどね)。水、付かず離れず間合いも絶妙で、けっこう上手だったよ。

2011-09-01 | カテゴリ: たわいないはなし | |  

 

夢について:twitterで

午前3時50分。twitterで。
怖い夢をみて目覚めてしまった友だち。
たまたま目にして、あわてて声をかけた。こわい夢、という言葉がとても、わたしにもこわくて。彼女の夢の中に出ていって、助けてあげられればいいのに。
それからしばらくわたしはtwitterに残り、夢と眠りのことをぼんやりと考えていた。

そのときのpost、なんとなくとっておく。
夢について考えるのは、すこしこわくて楽しい。

 

*******
すごいこわい夢を見て、眠りに戻れない。

 

よし!じゃあいっしょにあそぼうか。それともぶたさんもよんでこようか。

わーい、こゆりんがいてくれるだけで充分だよ。ありがとう!

こゆりんもぶたさんもずっといっしょにいるよ。もうこわい夢はどこにもないよ。安心してゆっくりおやすみ。(注:彼女は豚をこよなく可愛がっている)

*******

つづきを読む

2011-06-08 | カテゴリ: たわいないはなし | タグ:  

 

4 / 512345