たわいないはなし

タバコになりたい、紙切れでもいい

暑くて暑くて、ときどきもう自分は溶けだしているのではないかと思いながら二の腕に触れるとまるで本当に溶け始めているかのようにぬるりと汗が滑った今年の夏ですが、何もかも嘘か夢だったみたいに寒い。寒いです。ちょっと肌寒いともう心の隙間から冷気にやられて寒く感じるようにできています。
あんなに毎日スイカを食べていたのに。スイカかかき氷かアイスクリームのことしか思い出せないのに。
この夏ほかに何をしていたかというと、恋をしていました。春風亭昇太(7月にきいた噺の中で小鳥になっていた姿がとても可愛くてよかった)とシャーリーズ・セロン(メッメッ)と、そしてもうひとり。

 

わたしは長岡亮介さん(東京事変で「浮雲」名義でギターを弾いていた男性です)のファンで、「8月に出る椎名林檎の新譜PVに変な服を着て出演している」という情報を得てちょっと楽しみにしていました。気づけば発売日を過ぎ、そうそう、とアクセスしたYouTubeで見た彼は期待通りに真面目な顔で変なカッコして変な動きを見せてくれていてたいへんステキだったのですが、切り替わった画面にいた女の人にあっという間に目も心も奪われてしまったのです。ほんの一瞬のうちの、完全な一目惚れです。

ちょっと検索すると彼女のお名前や所属などはすぐに分かり、ああ同じようにすっかり魅了されてしまった人々がどれほどいることか、と思いたくさん開いたGoogleの画面を前に微笑んでしまいました。心の動揺を隠さないままそこかしこの知恵袋的な場所で情報を求めていらっしゃる方もお見かけしましたよ。恋心をtwitterに吐露していた方も多かったですね。おうみんな仲間だ。

こういうとき、名前がわかるとなんだか安心しませんか。確かに目の前に姿があっても、特定して呼ぶことができない状態だと相手の存在が不確かになってしまうような感覚。本当は関係ないのにね。
そういえばわたしもときどき自分のお客さんに「なんて呼んだらいい?」って言っています。基本的にお客さんに名前を使って呼びかけはあまりしないんだけど、時々はちょっと呼んでみたくなる人もいるものです。でも呼ばれ方ってできれば自分で選びたいものだと思うのですよ。たとえその場だけの名字でも。下の名前で呼んでほしいときなんかは、向こうから言ってもらわないとなかなか難しいしね。

それか、リピーターなのにその人の名前をきれいさっぱり忘れてしまったときですね。反省はしている。あと初対面で突然の呼び捨てを、それも20年前の男子校での友達かというくらいのMAX馴れ馴れしいモードで繰り出してくる人がたまに見かけられ、驚くべきことに彼らはそれで親密さを獲得できると信じていたりするのですが、全くおすすめしません。

話がそれました。

彼女のこと、本当はこれまでにも見かけたことがあったはずなのです。ウィキペディアで見たら、えっそれ知ってるよ? という作品がいくつかあった。
でも、平井堅のPVのときはもう仮装と言っていいような出で立ちだったし、PerfumeのPVのときはほとんど仮装といってもいいようなメガネをかけていたし、星野源のときはほとんど仮装といってもいいような髪型(まぶたギリギリのマッシュルームカット)をしていたし、きっと以前からのファンの方にしてみたら今回の作品で「わあついに世間に見つかった!」という感じだったかも。

ただ気怠げに歩いているだけで、正面の顎から首、鎖骨までが素敵で見とれてしまうのだけど、ダンスシーンになるとその美しさを造っていた骨組みと筋肉がぐっと強調されて目を見張ります。きれいとしか言いようがない。悲しいストーリーのビデオなんだけど、きれいとしか言いようがないです。吉田羊さんが彼女を評して「一体どこから降って湧いた」と表現しておられたのですが、ほんとそれな。ほんとそうですよ。一体どこから。

YouTubeで一度見た後すぐにiTunesを立ち上げ購入し、夏の間は毎日のように見入っていました。おかげで仕事中、シャワーを浴び(させ)ながらふと変なことを思います。

——あんなふうにこの人を手にかけたら、どんな気持ちがするかしら?
みたいなことを。ちょっとだけだよ。

しかし不思議なのは、そんなふうに思う瞬間はたいてい、好きだと思える人がそこにいる時によぎるものなのです。失礼で嫌味で怠惰な、愛想笑いの裏側で絶え間なくウンザリさせられるような相手にではなく。

 

昔こんな心理テストを見かけたことがありました。問いがいくつも重なるタイプの。

美しい牛と醜い牛、どちらかを食べるとしたらどちらを食べますか。

好きな牛と嫌いな牛、どちらを食べますか。

名前の付いた牛と付いていない牛、どちらを食べますか。

美しい人と醜い人、どちらかを食べなければならないとしたら。

好きな人と嫌いな人ならば。

 

そんなこと考えさせないでよ、と思います。
あまりにも困る。

それか、もしかしたら、こんな仕方のない問いでかわいいひとと互いに困らせあい、その困った顔を見て胸に甘苦しいときめきを得るための心理テストなのかもしれません。贅沢ですね。

何回かは空想の中で、架空の愛しい男の唇をガムテープで塞いではその心地悪い滑らかな感触越しについばんでみたりしたのですが、度胸もない上に不器用なので美しく殺めることなどできずだいたいあっけなく剥がしてしまいました。それもけっこう痛そう。口唇と皮膚の境目がたちまちヒリヒリと赤くなったのを見て、痛かった?まさかね? と言ってわたしはちょっと笑います。

そんなひとり遊びをしているうちにすっかり秋でした。

ただシェラトン(だっけ)のシャワーを見るととりあえず「あ、角があってよさげ」とは思う。

 

 

ELEVENPLAYのSAYA(篠原沙弥)さんという方です
2番の最初で一瞬だけ微笑みかけてくれるところでいつも胸が震えます
amate-raxiは閉店前に素敵な映像にのこしてもらって幸せなクラブだと思う

 

2015-09-14 | カテゴリ: たわいないはなし | |  

 

残暑(って感じしないよね!)お見舞い申し上げます

こんにちは椎名です。まいにち暑くてこまりますねえ。
またもゲストブックの話です(やれやれ)。
お返事しないルールだったんですが、ちょっと書くことにしました。
妙ちきりんなことを書けば返事するんだ!とか思われても困っちゃうので(笑)、こっちにまとめて書きます。

 

(14)c71さん

こんにちは。おかげさまでげんきに過ごしてますよ。
わたしはこういう言葉にすっかり慣れてしまっているところがあり、資料として(笑)置いて置きつつ、聞く耳を持ってくださる方のほうに向けてブログエントリにてお話させていただく、という方法を今回も取りました。
しかししっかりと怒りを表して反論するc71さんの言葉に、背筋を正されるような気持ちがしました。怒ってくれてありがとう。
c71さんのブログ、読ませていただいてます。励まされたり、自分にない視点をもらえたり、刺激的です。
どうぞお身体をいたわってください。といっても、それも簡単ではなかったりするけれど、身体が求める時は休ませて甘えさせてあげてくださいね。

 

(15)しらたまさん

メール、届いています。ていねいに謝ってくださってありがとう、でも気にするようなことじゃないですし、謝るようなことでもないですよ。優しいお気持ちからのこと、ありがたく受け取りました。書いてくださって、よかったです。
しらたまさんをドキドキさせる前にわたしが何かひとこと発していればよかったのだと思うんですが、ちょっとズボラだったもので。えへへ。しらたまさんがわたしの意図を汲んでくださったこと、じんわりと嬉しかったですよ。ほんとうに。
お盆あたりは疲れる仕事が増えてげんなりしがちですよね。あるある。お疲れさまです。
しらたまさんのお客さんがみんな紳士で(そしてできればお金持ちで♡)ありますように。
また遊びに来てくださいね。

 

(13)Bearさん

せっかくの書き込みの反映が遅くなってごめんなさい。
お察しの通り、文字数で引っかかってスパム扱いされていました……(そういうことが初めてでしたので、気づくのが遅くなり失礼いたしました)。
メールもありがとうございました。きっとかなり泳ぎの上級者でいらっしゃるのだろうな、と思いながら読みました。わたしはBearさんのような読者を持てたことがとても嬉しいですし、この嬉しさはこれから何かを書く時のすてきな栄養になることでしょう。
Bearさんが泳ぎ疲れたとき、わたしの小島で一休みしませんか、と誘えたらいいなあと思います。おいしいものを用意してお迎えしましょう。もちろんホカホカごはんも炊きましょう。すぐにわかるようかわいい旗かなにかをいつも飾っておこう(訳:エントリはさぼらず書こう……)と心に刻みました。力をくださってありがとう。
ところでほんとこの暑さが残り物なわけないだろう、ですよね。23歳くらいの男の子が10代の後輩に向かって「もうオレおっさんだからさぁ……」って言ってるのを目撃した時みたいな気持ちです。あなたは充分まぶしいよと言いたい。

 

(12)進撃の悠人さん

もうひとつ書き込んでくれましたね?
でも残念ながら問題のある言葉が含まれていたためか、スパム判定されていました。あなたの名誉のためにサルベージはしないので、感謝してくれてもいいですよ、うふふ。

(わたしの想像であなたのお気持ちを語るのは失礼かとは思いましたが、あなたが先に失礼だったので、その程度の失礼はしても良い、という判断を勝手に下しました、ご了承ください)

悠人さんにはわたしが「失敗」したかのように見えていて、それがあなたにとってとても悔しかったのだなあ、ということが伝わってきました。
今回のことで、わたしが肖像権を主張できる立場にないこと、それを主張してもあなたが言うところの「勝ち目」などありはしないこと、落ち着いて考えればわかるだろうと思います。あなたは冷静になれないまま、それっぽい物言いでわたしに何らかの苛立ちをぶつけてこられた。
わたしの想像では、あなたは風俗嬢を見下しながら、同時にどこかに共感……他人とは思えないような何かを感じているのではありませんか。社会の下層にいる風俗嬢がもし「勝ち」をもぎ取ったなら、世の中の権威に目にもの見せるようなことになったなら、どんなにかスカッとしたのに、お前ときたら「失敗」しやがって。そういう悔しさから来る憎しみを感じました。

そして荒野でうなだれているひとりぼっちのわたしを想像するとご自分もつらく、それで「結婚」という言葉が出たのではないかと推理しました。虚勢を張ってみすみす勝てない試合に打って出るようなことはやめて、権力のある男に守ってもらって平穏に暮らしていてくれよ、と(見方によっては優しさと呼ぶこともできそうな感情にも思えます)(現実には結婚ってそんな力まではないと思うんですけどね)。
残念ながらわたしはその悔しさを共有することができません。わたしにとってこれは試合ではなく、勝つとか負けるとか、そういうの、ないんです。わたしを勝手に誰かと戦わせて便乗しようと思っても、そうはいかないのです。
きっとあなたには、あなた自身の戦いがあるんじゃないかしら。だとしたら、向かうべきです。他人なので無責任に言いますよ。向かうべきです。
あなたの共感を、もっとあなたにメリットのあるように生かす理性的な方法がどこかにあるように思えます。どこかは知りませんけど、そんな勇ましいペンネームを名乗るくらいですから、きっと大丈夫でしょう。

 

(16) 明日さん
風俗の女の子か誰かに優しくされましたか。よかったですねえ。
ええ、大変な仕事です。そりゃあそうです。しかし、なんで大変になっちゃってるのか……考えたことはありますか? 誰がその大変さを作り出しているか、考える気はありますか?
そこを考えるおつもりがないなら、もう来てくださらなくて結構です。
わたしたちの幸せを願う、なんていう手軽で安易なヌルい気休めに走らないでください。
それともわたしたちが幸せになるために何かしてくださる覚悟や準備がおありなのでしょうか。
そんな難しいことは求めませんから、どうぞあなたが幸せになることを考えて生きていってくださいませ。まずは酔っ払ってこういうところに書くのをやめましょうか。

2015-08-16 | カテゴリ: たわいないはなし | |  

 

あのゲームまだやってんの?

「ところで椎名さんモンハンまだやってるんですか?」
と聞かれるたびに申し訳ない気持ちでいっぱいです。すみません。
だいたいそうですね、テツカブラ前後で挫折しました。思ったより早くてびっくりしたでしょう今。いいんですよ正直に言っても。

もともと現代のテクノロジーに適応できていない仕様のわたしは3D酔いを得意としており、どうにか薄目を開けて連続してプレイできるのがだいたい20分、よくがんばって30分というところだったのですが、テツカブラあたりから30分では何もできなくなり。
同じころ青いクマの衣装を一式揃えたのでそれに達成感を得てしまったことも後押しとなりました。また同じころどうにもこうにもやる気のないしょぼくれた人ばかりの村にうっかりとやる気を授けてしまったショックもありました。あの人たちの夢も希望もなさっぷりに共感しまくってたのに!!
そんなこんなでわたしの狩猟生活は緩やかに終わりを迎えたのです。眩暈とともに。

あの村のしょぼくれかげん、ため息かげん、本当に好きだったのに。晴れて人間らしい希望がみなぎったその村にはもうわたしの居場所はありませんでした。

今はときどき思い出したら電源を入れて、キノコ狩りをしておうちに帰って電源を切っています。キノコ狩りはいいですよ。薄目でもできるから。

「ところでこゆりんはまだときレスやってるの?」
これも聞かれます。100%挫折しただろうというニュアンス含みで聞かれます。

ところが続いてるんだな。熱心にやってはいないのですが、一応続いています。レベルは今92です。同じ時期から始めた人の中ではだいぶ低いと思われますし、店の面積もいまだ6×6です。でも一応続けています。
だって、フレンドのみんながかわいいんだもん……。
だってだって、夏には暑いねと言い合い、冬には寒いねと言い合い、ゲームの中のストーブなのに「暖まっていってね」と言い、今日はなにいろの椅子に座った? とか、クエストえげつないねえ! とかテレビってこれかよおぉぉぉお!! とか叫んでみたりするんですよ(厳しいクエストを乗り越えれば限定アイテムのテレビが手に入るということでがんばったものの、いざ配布されてみたらそのテレビのビジュアルがちゃch……いや、シンプルでコンパクトで素っ気なくて一同大ショック事件)。

言い合う、と書いてはみたもののときレスのフレンド機能って別に双方向で会話できるようにはなってないんだよ。STORYシリーズみたいにメッセージボードもないし、相手が自分の店に遊びに来た時にごく短いメッセージを掲げられるくらいなんだよ。なのにみんな工夫を凝らしていろいろ書いてて、その向こう側にいる女の子を想像するとわたしはとても辞められないわけです。アイドルはおまけ。日本のどこかでスマホを握りしめているかわいい女の子たちを想って遊ぶゲームです。
実際のその人が女の子でなくたっていいんです。あのゲームの中でエプロンつけて懸命に刺身を盛っている限り全員乙女ですから。

 

その他最近たのしかったiPhoneのゲームアプリ

最初はツイッターでステキなお嬢さんが「クマトモ」をあそんでいるのがうらやましくてそちらを始めたんですけど、気づいたらついでにDLしたおじさんに夢中でした。おじさんはかわいらしく、あぶなっかしく、健気です。難を言えばきょう現在とっくにレベルがカンストしてしまっていて、ごはんを食べても食べてもいっこうに未来が開けずおじさんが不憫です(バレンタインにアップデートがくるらしいのでそれまでの辛抱だ!)。

 


タワーディフェンスはなんだかんだでこのアプリがいちばん好きかもしれない。何年か前にひととおり遊んで一段落したのですが、最近意を決して課金兵器を入手し(100円で)、新しい世界が開けました。

  • グラフィックが目にやさしい
  • 規則的な効果音を聞いてるとなんとなく癒される気がする
  • なぜ宇宙人は俺たちの羊を狙うのか?なぜ俺たちは羊10頭のためにこんな大それた爆撃で迎え撃たねばならないのか?そのへんがプレイヤーに一切なんにも全く説明されないクレイジーさ

あたりが魅力です。こういう、待ち伏せしてちくちく倒しコツコツお金を貯めて武器を買いドガーン!と吹っ飛ばす、端から敵機が消えてゆくのをニヤニヤと眺めるような陰湿なゲーム大好きです。

2014-02-08 | カテゴリ: weblog, きらくなはなし, たわいないはなし | |  

 

ハローアゲインインターネット

昨年の夏、わたしは人生で初めて「公開している最中のウェブサイトのデータを全消し☆」という行いをしました。一瞬の爽快感のあと、わたしってすごいことするな……としみじみしました。刹那主義に生きる現代の若者の心の闇と呼んでくれてかまいません。
しかし根は小心者ですから、すぐに「えっホームページ? あー、ホームページ。オーケー、わかってる、あれは暑さのせい。やるやる、どうにかする。来週する」と言いました。
……それが秋口くらいのことでしょうか。
内なる自分の声に責められることはや数ヶ月。真冬です。寒いです。
ようやくどうにかしました。長らくお待たせしてすみませんでした。

せっかくなのでドメインから変えてしまいました。リンクしてくれていた方、すみません。刹那主義に生きる現代の、ええと301リダイレクトってどうやるんでしたっけ。

FTPソフトを立ち上げる→⌘+a(すべて選択)→deleteキーをスパパーン!!!!
人生で何度も行う機会のある操作ではなさそうですが、けっこうきもちよかったです。やみつきになるかもしれません。しかし無いコンテンツは削除できないので、そううまくはいかないのでした。

 

今回のデザインに使ったいろいろ

いつもありがとうございます。アイラブインターネット。

2014-01-21 | カテゴリ: weblog, たわいないはなし | タグ:  

 

電話をするよ

「また指名するよ」と言われることがある。

だいたい、ありがとう、と答える。

それは平凡なよくある言葉だけど、中味はさまざま、いろんな言われ方がある。
「また指名してやるからそしたらやらせてくれるよな」のニュアンスを含んでいたり、
「大儀であった。下がってよいぞ」という挨拶に近い意味であったりもする。

もちろん率直な、楽しかったのでまたご一緒したいです、の時もいっぱいある。
そう言われるのはうれしい。
あちらには娯楽や楽しみで、こちらには仕事で、ということをちゃんと受け入れた上で、あなたのやり方は好きだ、気に入った。そう言ってもらえることは、何よりうれしいことだ。

同じ気に入られるでも、連絡先教えてとか今度飲みに行こうとか俺たち相性いい(それはそうだろう、合わせるために力を尽くしているのだから)からプライベートでどうだいとか言われるよりも、平凡な「また指名するよ」がずっとうれしい。

 

このまえ、服を着て荷物も持ってもう本当にさようならの時に、もしも言ってもらえるならきっとこのタイミングで「また指名するよ」と言ってもらえそうなその時に、お客さんが、
「また……電話を、するよ」
と言った。

電話をするよ。

その言い方が、すごく素敵だった。
彼はよいお客さんで、わたしの私生活を詮索したりないし、あわよくば仕事以上のサービスをもぎ取ろう、というみみっちい試みもしないし、提供したサービスをまっすぐ余さずに受けてくれた人だった。淡々としているというわけでなく、他愛ない世間話や他愛ない愛撫の中に、わたしのことを傷つけないでいようとするごく日常的な(おそらく彼にとって特別なことではないような)気遣い、が敷かれていた。
電話して呼ぶのには間違いない、デリバリーヘルスなんだから。ただ彼の口からこぼれた、指名ではなく電話、という言葉は新鮮にひびいた。

ほんの少しためらったような声と表情と。顔の角度や視線のような、作れはしないその時だけのタイミングのものが、全部瞬間に組み合わされて、素敵だった。
ああ、いいなあ。そう思った。

電話をするよ、と言われて、……うん、あたしも。と答えた。

こちらからかける電話番号なんかもちろんない。
でも、なんとなくそう言って別れた。向こうもそのことを何も言わなかった。

 

帰り道、UAの「電話をするよ」という歌があったなあ、と思って、車の中で聴きながら帰った。

2013-05-04 | カテゴリ: weblog, たわいないはなし | タグ:  

 

2 / 512345