SWの無許可撮影と展示問題

ご報告とわたしの気持ち〔1〕

東京都写真美術館へ質問した件ですが、担当者の方よりすでにお返事をいただいております。心配してくださっている方、お知らせが遅くなってごめんなさい。回答の内容は先だってニュースサイトで取り上げられた際に書かれていたものと特に変わりありません。
とても不安な気持ちで送信し、もしお返事いただけるとしたら年明けかしらと思っていましたので、すぐに対応して下さったことに安堵しました(24時間と経たないうちのお返事でした)。

わたしの希望としてはかなうのであればもう少しやり取りを続けたく、お返事のお返事も、既に送信しています。現段階で受け取っているメールをこのブログにコピーペーストすることが望まれているかもしれませんが、いたしません(掲載の可否を伺うこともしていません)。

メールの公開から、さまざまなご意見やご助言をいただきました。twitterだったり直接のメールだったり、たくさんの人にいろいろと気にかけていただきました。わたし自身の目に入ったご意見(や、ご意見と呼ぶべきかわからないけれどさぞかし仰りたかったのであろう叫び)に接して、考えたことをできる範囲で書きます。

年末の休暇時期でなくてはできなかったことと思いますので、今後ここまで時間を割けることはないかと思います。そのぶんできるだけたくさん書きました。

なお、こうして掲載するにあたり、わたしの手で一般的な言葉を選びできるだけ意味を損なわないよう書き直させていただいたものもあります。距離感その他があまりにも適切でないと、読んだ方の気持ちを乱してしまいそうでいやだったので……そしてわたし自身も穏やかな気持ちでいたいからです。

——被害者を想っての行動ではなく、ご自身の身の心配ありきだということにがっかりしました。この件での被害者はタイの女性たちですよ。抗議したいのならもっと彼女たちの気持ちに沿うべきだと思います。
——なぜ勝手にタイの女性たちの代弁をしているのですか。彼女たちの本当の気持ちなど、わかるはずがないではありませんか。ご自分のされたことのみに対して怒るべきだと思います。
——結局のところ、椎名さんのお気に召さないのはかいつまんでどういった点でしょうか?文章が長くてよくわかりませんでした。

はじめのお2人でちょっとよく話し合ってもらってもいいですか? ここで待ってますから。だめですか。ふふ。
文章が長いのは仰る通りです。電話とかもすぐ長くなってしまう方です。すみません。できるだけかいつまんでみますね。

1)相手が認めていないことを、認めていないと十分認識した上で、(生まれた国や性別や職業や立場からくる)互いの権力の差に乗じて執拗に行った写真家への憤り

2)しかもそれを日本で公開した上、私は暴力的な行為によってこれらをつくりましたよとまるで自慢のように公言した写真家への憤り

3)美術館がそれを展示したことと、当時専門家(的な方)から問題点の指摘などもなされなかったこととでその写真たちに「お墨付き」が与えられてしまったことに対する戸惑い(このあたりはまだはっきりとわかっていませんが)



4)この件で写真家の行為に嫌悪感を表明している方がこんなにたくさんいるにも関わらず、日ごろ自分が働く中で「相手が認めていないことを、認めていないと十分認識した上で、権力差に乗じて執拗に」やってくるお客さんの数、撮影したり録音したり私物の荷物を漁ったり本番行為を求めてゴネたりその他いろいろルール違反の行為におよぶお客さんの率を考えると、今ひとつ理屈が合わなくない?パソコンの前では思い遣りの心を持つ人が、生身のセックスワーカーの前ではそうでなくなるってこと?というなんだか追いかけたくない巨大なモヤモヤへの恐怖

そして今回わたしは 3)の疑問を東京都写真美術館へ直接お伺いするためメールを送りました。その際ネット上で誰でも読める状態にしたことで、
わたしのメールを「件の写真家を批判している人々の意見まとめ」だとか、
わたしのことを「批判派のみんなを代表して矢面に立つ覚悟を決めた人」だと解釈した方もいらっしゃいました。がわたしにそのような考えはありません。わたしが行ったことは、あのお手紙は、きわめて個人的な気持ちを綴ったきわめて個人的な行いです。まとめサイトではございません。広告収入も残念ながら得られません。

被写体となったタイの女性たちに代わって写真家を糾弾する使命を負ったなんてこと、一切考えていません。
わたしはわたしの立場で「こういうことがまかり通るのって怖いな、困るな」と思ったので、わたしの立場からいえることを言いたいです。
わたしの立場から言えることとは、「拒否する相手に無理やり何かするのはいけない」し「明日は我が身ってことですか、それは嫌ですやめてください」です。

——タイと日本の風俗では事情が違うと思います。なぜ自分語りをなさるのでしょうか、哀れみを誘うためですか。あれはいらないですよね。

わたしの「明日は我が身ってことですか、それは嫌ですやめてください」に対して、それだけでは「一体何が嫌なのですか?」と思われてしまいそうでしたから、明日は我が身の内訳を後半に書きました。
美術館に対し「それをアリにしちゃうと、日本のセックスワーカーも脅威にさらすことになると思うんですけど、どうですか?」とだけ言っても不親切だと思ったからです。
「日本の風俗でも勝手に写真とか撮る人いるんだ……」という感想をいくつか拝見しましたので、いらないというほどのことはなかったと思いますよ。働いたことがなかったら、わからないことですもの。

——写真を撮ることは、加害、というほどのことなのでしょうか。撮ってもいいと言うつもりはないのですが、果たして人権という言葉を振りかざすほどの被害なのでしょうか。

写真であろうと何であろうと、相手が嫌がっていることを、嫌がっていると知りながら強行する、やめてと言われてもやめない。それは相手の意思を無視することです。自分の欲求にくらべて価値のないもの、取るに足りないもの、尊重するに値しないものだとし、そしてその認識を本人に突きつける行為です。お前は私より格下だ、お前の意思は認めない、お前より私が貴い。そう宣告する行為です。
突きつける側に権力がある場合、これはきわめて強い圧力で、相手を支配する行為です。相手の尊厳を奪うことだと思うのです。
そしてこういった被害に遭う可能性があるのは、わたしであり、あなたです。
可能性の高い低いはあるかもしれませんが、完全に逃れられると保障された人はいません。わたしは「明日は我が身ってことですか」と怯えていますが、ほんとうは誰の身にも起こりうることです。堅気と呼ばれるお仕事であっても、立場や権力の差から尊厳までも軽んじられること、あると思うんです。絶え間なく降ってくる小石を棒一本でよけようと必死な人は、顔が分からない遠い場所から見ると棒切れを振り回す元気な人に見えるかもしれませんが、誰にも近くに来てもらえなければいずれ力尽き、あきらめてしまうかもしれません。「もっと早く知っていれば」という側になることも、またこわいことです。

——被害に遭った方にはお気の毒ですが、写真を撮るという行為は、そして芸術というのは、元々暴力的なものなのです。
——確かに人権は大切で、そのことに異論はありません。しかし「これはやりすぎ」という線を引かないことで素晴らしい作品が生まれるのです。現代アートというものはそういうものなのです。
——この世から芸術が失われたら、椎名さんの人生もつまらない、味気ない無味乾燥のものになると思いますよ。

もともと暴力的なのであればなおのこと、その暴力が生身の人間に向かわないために、また向かってしまった時に被害を受けた人が最大限に保護されるために、何かできることはないのでしょうか。どこにもひとつも、ないのでしょうか。
まるでわたしが芸術のすべてを拒絶しているかのように受け取られたのかもしれません。でも、そうではないので芸術と人権の二者択一を迫られるのは不本意です。
そして、問題になっている作品が果たして芸術と呼ぶに値するものなのかそうでないのか、あるいは別の名称がふさわしいのか、といったお話は、わたしの疑問とはあまり関係のないことです。
(美術館で展示されたことによって芸術作品だというお墨付き、肩書きが与えられたのではと、そのことに戸惑ってはいます)
あの作品が何のカテゴリに属しているかは、関係ないのです。芸術と扱う人がいる、いいや現代アートだと言う人がいる、いやいやあんなのはただの趣味だと評する人がいる。わたしの抗議の内容は変わりません。変えようもないのです。
嫌がる相手に無理やり○○するのはいけない、というのは、芸術でもアートでも悪ふざけでもロックンロールでも変わりないです。

芸術のない人生はつまらない、芸術には力がある、それは本当のことなのでしょう。ですが芸術がやったことだからと「嫌がる相手に無理やり○○する」の片棒を担がせてそれを認めていれば、いずれ芸術なり何なりは信頼を失うような気がして、それはいいことだとは思えません。

——あの方は、もともとそういう人なんです。狂気の天才、とでも言いましょうか、界隈では常識です。そして確かに天才なのですよ。本人はこういった批判も覚悟していて、それでもこうするしかなかったんだと思います。
——過去に彼が発表した写真集を見てください。なんなら私がプレゼントしたっていいと思っています。作品を見ればきっと気に入ってもらえると思います。一点だけでなく、彼のすべてを見て判断してください。

「もともとそういう人」から受ける暴力と、そうではない人から受ける暴力とで痛みの種類や傷の深さは変わるでしょうか。
あの人はもともとそういう人なのだ、仕方がないんだ——そういうふうに被害者が自分に言い聞かせて心を癒そうとするケースはたくさんありましょうが、外側から投げかけるとすればそれはとても暴力性のある言葉ではありませんか。「狂気の天才」によって傷つけられた人がいたなら、正気の人が手を差し伸べるしかないと思うのです。

彼のいろいろな面(すべて、というのはちょっとおこがましいので)を目にしたら、好きになれるところもあるかもしれません。
とても気に入る写真もあるかもしれませんし、別のインタビューなりを読んだり実際にお会いしたりしたら、魅力的な方だな、と思う可能性もないとは言えません。
でも、そうなれば今回の件がなかったことになるかというと、ならないです。彼のあの言動から受けた恐怖はなくなりませんし、展示に対して誰もなにも言わなかったんだろうか、ざわざわ、という戸惑いもなくなりません。

——彼が筋骨隆々とした黒人の男性に辱められる様を余すところなく撮影し、そして芸術でござ〜いと公共の美術館に展示すればいい。タイの女性たちにやらせればいいんですよ、それが無理なら椎名さんに。そうでなければフェアじゃない。

まじめに答えますね。おそらく、おそらくこれは同情や、怒ってくださる気持ちの表現だとは思うんですけど、嬉しくありません。
「おあいこだから」で解決することでは全くないからです。そんなことで「フェア」にされてはたまりません。そんな被害にあってもいい人なんてこの世のどこにもいませんし、「僕も同じ目に遭いますので、あなたを蹂躙させて下さい」とか言われてもびっくりするだけです。
もしこれが真に受けて答えるべきものではなく、「件の写真家が自分より腕力の強い相手に無理やり性的な暴力を振るわれている姿でも想像して溜飲を下げておきなよ」という意味なのだとしたら、そんな言葉で慰められると思わないでください。

——肖像権の侵害は親告罪です。被害者が訴えなければどうにもならないので、大変言いにくいのですが諦めた方がよろしいかと思います。

仰る通り今回のことは、被害者が訴えるのは著しく困難です、不可能に近いことです。被害者が訴えなければどうにもならない類のことが、訴えにくい人々を選んで行われました。
しかしわたしが自分の感じた憤りや悲しみや恐怖を美術館に対してあんなにもみっともなく表明しそれをどなたでも読めるようにしたのは、肖像権を侵害したとして撮影者に損害賠償を請求するためではありません。
よくある言い方ですが、多くの人に考えてほしい、どういった意見を持つかご自分の中で検討してほしい、と思ったからです。
それが、いずれどこかでわたしや他のセックスワーカーやそれ以外の人やこれから生まれてくる人が、理不尽で一方的な暴力からまもられることにつながるんじゃないかと思ったからです。
ありえないくらい遠い、まったく目処のつかないお話ですが、いつか少しでもつながればという思いをこめてやったことです。
それは、諦めるなんて、できないことです。

 

長くなりましたので分けます。〔2〕へつづきます。

【12/30 23:16追記】——————————-
冒頭の「ニュースサイトで取り上げられた際に」というのがどの記事を指しているのか不明瞭ですみません。該当の記事は書き方に引っかかるところがあり(わたしも写真家さんも匿名の扱いなのに、なぜか意見を述べただけの別の方のお名前のみが明記されていたため)、積極的に紹介するのを躊躇してしまいました。
かわりに松沢呉一さんがお書きになったこちらの記事を紹介します。
娼婦の無許可撮影をするゲス写真家は今に始まったことではない-『危険な毒花』と『月蝕』
————————————-

2014-12-30 | カテゴリ: weblog, まじめなはなし | タグ:  

 

東京都写真美術館に送付したメールの内容

東京都写真美術館へ、メールにてわたしの気持ちを伝えさせていただきました。作者ではなく美術館へ働きかけるのは、今後別の芸術家によって似た事案が起こる可能性を低めたい思いからです。暴力を用いた作品の発生よりも、それが世に認められることの方がまだいくぶん防げるのかなと思うからです。
作者本人へ直接コンタクトを取ることは恐怖心に襲われてかなわないものの、美術館に宛ててであればなんとか実行できたから、というのも理由のひとつです。お手紙の内容をこちらに載せておきます。

【12/31追記 その後東京都写真美術館からはお返事をいただきました
【2015/12 追記 あとからこの話題についてお調べの方向けに、流れを簡単にまとめたものはこちらです

 

——————–

東京都写真美術館 ご担当者様

突然このような長いメールを送付いたしますことを、どうかお許しください。
椎名と申します。××区に住むいち都民です。
本日は、過去に貴美術館にて行われた展覧会についてお尋ねしたいことがあり、お手紙をさせていただく次第です。

伺いたいのは、2007年12月22日から2008年2月20日に行われた「日本の新進作家 VOL.6:スティル/アライヴ」という展示中、大橋仁氏の作品についてです。(URL併記)

もしかしたら既に、この件でどなたかからの問い合わせをお受けになっているかもしれません。
と申しますのは、去る12月20日に「タブロイド」というニュースサイトに掲載された大橋氏のインタビュー記事においてこの展示についての言及があり、その内容がインターネット上で話題となり(あまり良い意味ではない方です)、現在大勢の方が意見を交わしているためです。
(http://www.tabroid.jp/news/2014/12/matsumoto4.html)

前出のURLの記事を読みますと、大橋氏の撮影手法は「撮影を禁止されている場所だと認識した上でゲリラ的に撮影を強行し、咎められると何も分からない観光客を装う」といったものだと分かります。

これに対し、物を盗んだり身体に怪我こそ負わせないものの倫理面で問題がある手法だとわたしを含めた多くの方が感じ、疑問の声を上げています。
撮影されたのはタイで性風俗業に従事している方々(以下、セックスワーカー、という呼称であらわします)で、女性です。仕事中に外国人の男性から突然カメラを向けられフラッシュを焚かれ、パニックに陥ってもなお撮られ続け、その写真は日本へ持ち帰られて「芸術作品」として展示される……これは彼女たちの尊厳を無視した行いではないか、とわたしは憤りを感じ、また当該の作品が日本の美術館で展示され多くの人々の目に触れたことが、結果として彼女たちの人権をさらに侵害することとなってしまったのではないかと、不安に感じております。

そこで、わたしから伺いたいことは3点ございます。

1)このような、暴力的ともいえる手法で撮影された作品群であるということ、展示を企画された方もご存じであったと思います。実現に際して、「これは倫理面で問題があるかもしれない」もしくは「これは倫理面で物言いがつくかもしれない」といった懸念や不安はおありでしたか?
どのようなお考えのもとで展示を行う判断に至ったのか、その過程を伺いたく思います。

2)展示が行われた2007年〜2008年当時、大橋氏の撮影手法について、またそうと知りながら作品を展示することに対し疑問を呈する声がどなたかから寄せられたでしょうか?
もし対応なさったできごとがありましたら、可能な範囲で、どのようにお返事をなさったのかも教えていただけると幸いです。

3)仮定の話で心苦しいのですが、これがわたし個人としては最も切実な質問ですので、何卒お答えいただきたく存じます。
もしも今後、同じように日本国内で働くセックスワーカーを許可なく撮影した写真があったとして、それらもまた作品として展示される可能性はありますか?

7年前のことで当時のご担当者さまが現在おいでかどうかも存じ上げませんし、お忙しいところ、また年末年始の非常に慌ただしい時期にも重なりたいへん恐縮ですが、ご回答をいただきたくお待ち申し上げております。

——————–

ここからは、わたしが個人的に美術館の方々へお伝えしたいこととなります。

わたし自身もまた、セックスワーカーのひとりです。
俗に、風俗嬢、と呼ばれる者です。都内の風俗店に勤務しております。
普段明るい場所で声を発する機会を得にくい職業ですし、意見を述べることも憚られる場合が多いですので、このようなお手紙を差し上げることには、とても勇気が要りました。
それでも今回こうしてキーを叩いているのは、同じセックスワーカーとしてタイの女性たちが気の毒だから、という気持ちからではありません。

わたしたち東京のセックスワーカーもまた、お客様から無断で(もしくは無理やりに)写真を撮られる被害が後を断たないのです。
特に、東京都条例の改正に伴って、店舗型の風俗店(お店の中にある個室内でサービスを行う店です、そのため直接の接客に当たらない男性の従業員が同じフロアにいます)から無店舗型の風俗店(派遣先のホテルなどでサービスを行う店です、そのため接客する従業員と利用する客が一対一になります)へ移行が進んだ結果、無断撮影や録音などの禁止されている行為に及ぶ人が増えたのだろうという考え方が業界の中にあります(もちろん増えたといってもごく一部で、大体は安全な方なのですが)。

わたしも無断撮影の被害に遭った経験が複数回あります。

ほとんどの場合で、データを破棄してもらうことはかないませんでした。衣服を身に着けていない状態で、部屋に男性とふたりだけですので、抗議をすることは大変難しいのです。「うるさいな、顔は撮ってねえよ」と大きな声で怒鳴りつけられて諦めたこともありました。助けを呼ぶ相手のいない場所で、セックスワーカーの立場はたいへん弱いものです。

多くのケースは、個人で楽しみたいと思ってその場の出来心(という言葉は使いたくありませんが……)でなされたかもしれませんが、「作品に協力を」という言葉とともに計画的に写真を撮られたことも、あります。忘れることのできない記憶です。

(——中略。ここには当時の客がわたしの同意を得ず行った撮影の手口を具体的に詳しく記述したため、模倣する人が出るととても嫌ですので公開しません)

撮られているあいだじゅう、少しでも強く眉を寄せ、少しでも大きく口を開けようとそればかり考えていました。快感に歪んだ表情を装って、せめて少しでも普段のわたしの顔と違うふうに写ればと、足掻いていました。笑ってしまうような無駄な努力ですが、必死だったのです。

あの時のわたしの写真は、今ごろどこにあるのだろう。ふとそう思うことがあります。
どこかで突然目にする可能性も、絶対にないとは言えない。街のコンビニの成人向けコーナーで、ネットオークションの商品として、はたまたわたし自身を脅迫するための道具として、いつか再会するのかもしれない。
そんな悪い想像の中に「公共的な美術館」という種類が、加わってしまったのです、今回の大橋氏のことによって。東京都写真美術館へは二度ほどしか訪れたことがありませんが、おぼろげな記憶の中にある展示室で悲鳴を上げる自分の姿がまぶたに浮かぶのです。

それは、大きな落胆と恐怖です。

「かつて無断で撮影された自分の写真が美術館に展示されていた」なんていうことがわたしに、そして他の何万人ものセックスワーカー(その中には未成年の方もいらっしゃいます)の身に、起こりうる可能性はあるのかしら。しかもそれを芸術だとして人々が「観賞」し撮影者を称賛するなんていうことが。この恐怖を払拭できずに、先ほどの3つ目の質問を立てるに至りました。

セックスワーカーは密室の中でも弱いですが、社会の中でも身を潜めねばならないことが多くあります。時にはその職業名のみで、どんな不当な扱いを受けようとも自業自得であると扱われてしまうこともあります(逆にやたらと持て囃されるような場面もあります)。性産業には賛否があることはよく知っていますし、社会の中でどうあるべきかなどということはわたしには判りません。ですが、わたしたちはどなたにどう思われようと、ただこの街で働き、暮らしています。
日々の生活の中で公共の施設(区役所、警察署、投票所……)に足を踏み入れる時、どうしてだかどこかソワソワと落ち着かない気持ちがよぎることが、稀にあります。それはひとりの都民みたいな顔をしていていいのかしら、というような、わたしを笑わないでください、というような、卑屈さとも遠慮とも異なる説明しづらい感情です。
ですが今日、わたしはそれを振り払い、ひとりの都民の顔でこのメールを送信しようと思います。

芸術っていったいなんなのか、わたしはよくわかりません。ですが、それはセックスワーカーを含めた人間みんなの基本的人権を脅かすような方法をとらずとも存在するものだと、信じたいのです。

勝手な身の上話を長々と送り付けて読ませるような形となったこと、たいへん心苦しく、また気持ちがショックを受けた状態で綴りましたのでまとまらない乱文となり恥ずかしく思っております。切実な思いを少しでもあらわしたかったこと、わかっていただけたらとてもとても嬉しいです。
目を通して下さり、本当にありがとうございました。
重ねてになりますが、前述の質問についてご回答をいただきたく、心よりお願いを申し上げます。

 

2014年12月25日
椎名こゆり
http://goodnightsweetie.net/

 

追伸
この件について胸を痛めている同じ職業の仲間や、その他気にかけてくださっている方々と共有するために、このメールは貴美術館へのお手紙ではありますが、わたしのウェブログにも一部を除いて掲載することをお許しください。
また本来でしたらお電話を差し上げて用件とともにメールアドレスを伺うべきところ、人づてに聞いて送り付けてしまったことも、ごめんなさい。

 

【12/26追記】
本文中にURLを併記していましたが、うちひとつはこの件で取り上げている無断で撮影された作品群そのものの写真(展示されている壁面を撮影しており、比較的鮮明に見える)へのリンクが含まれていたため、削除しました。不本意なことをしてしまい反省しています。

2014-12-25 | カテゴリ: weblog, まじめなはなし | タグ:  

 

2 / 212