weblog, まじめなはなし

ワーカーズライブ:99 / 100

ガールズヘルスラボにて、3月のワーカーズライブを担当しました。
毎月1日更新のワーカーズライブですが、うっかり入院&プチ手術するという失態をおかしてしまったため今回に限り一週間延期をさせていただきました。すみません。
外見に傷が残る類のものではありませんでしたので失職や移籍の心配(審美的な面での問題で、セックスワーカーの病気やケガにはこの問題がついて回ります)もありませんでした。お知らせした方々にはご心配をおかけしました。もうすっかり元気です、口座の残高以外は。

入院前にだいたい頭の中で考えていたものは全然違うストーリーだったのですが、術後の湯船に浸かれない期間がわたしの予想よりも少し長く、書いている途中で自分がつくった登場人物の入浴シーンが羨ましすぎて気も狂わんばかりに嫉妬してあばれてころげてワンワンさめざめ泣いてしまいそうでしたので、全部やめました。入浴の離脱症状でしょうか。
かわりに書いたのがこれです。

風俗嬢コラム Worker’s Live!!-Girls Health Lab: 99 /100ghl1603

口コミや店に連れてくるというのではなく、こういう個人的な形でわたしに直接お客さんがお客さんを紹介してくれるということ、ときどき驚かれますが何度かあります。わたしに明かされなかったケースもきっとあると思うので、もっとあるんでしょう。一体どうしてそういう話になるのか、どういう心理でわたしをシェアしているのかは理解していませんが、とくに嫌ではありません。
お友達だったり、会社の同僚だったり、上司から部下も部下から上司も、いろいろあります。複数人で来るお客さん方と同じように「これってあとで全部『男子会』で喋られるのかな……」と思うとやりにくいことこの上ないのですが、どうしたことか、こういう個人的紹介で出会ったお客さんはだいたい安全性が高いというか、乱暴だったり無理難題を押しつけてこない方がほとんどなので、もしかしたらあちらも「悪さをしたらチクられる」と思っているのかもしれませんね。

 

トモヤくんがしていたような根掘り葉掘りの質問攻撃、中高年だけに伝わるウザ芸のようなイメージがありますが、20〜30代の若い方でもやっぱり、あります。
なのに、わたしの答えにはそれほど興味がある様子ではなく、ただひたすらにデータを集めることに必死になっているような……そんなときなぜと問うと、しばしば返ってくる同じ答えがあります。

本当の君を知りたいから。素の君でいてほしいから。

じゃあ聞くけど、あんたにとって本当って何?
——なんてもちろん言い返しはしません。ただ、心の中で「フーン」と思うだけです。古田新太の顔をして。

「素」を求められることの多さは、セックスワークを経験していない方にもなんとなく想像してもらえるのではないでしょうか。
風俗店のレビューサイトでは、その客の期待と比較して声が小さかった場合は「やる気がない」と書かれ、大きかった場合は「演技がハデ」と書かれ、丁度よかった場合は「素で感じていた」と書かれがちです。
会話が盛り上がった場合は「心を開いて話してくれた」、盛り上がらなかった場合は「無駄話をされたので時間稼ぎだろう」、会話自体が上手くいかなかった場合は「なんか暗い」。

「僕の前でだけは仕事を忘れて素になっていいんだよ」という言葉も、たいへんありふれています。ありふれすぎて「伝えたいこの想い〜♪」みたいなひとつの決まり文句になってしまっています……聞かされる方にとっては。
でも、もしも本当に「仕事ではない、素」であるとしたら、なぜ目の前にいるこの他人と親しく話し、それどころか性的な行為をしようとしているのかの説明がつきません。本当はお客さんの側も気がついている事実です(例外もありますね……)。

わたしたちが求められて精一杯差し出す「素」とは、「そのお客さんの求める満足からできるだけギャップがなく、かつ自分の不利益や危険につながらない態度を『素』として演じる」ことです。なので、わたしたちは「よりよい素」を演じるための努力をします。
名前も年齢もその他のプロフィールも、これまでしてきた恋の思い出も、今この瞬間の心模様も。
努力がうまく実れば万々歳ですが、これを「詐欺だ」「騙された」と解釈し、好まない人もいるでしょう。それならそれで、はじめから「素」を求めず、素を暴くための質問もせずに別の会話を楽しむこともできます。「この子は仕事とは関係なく俺に好意や恋愛感情があるから行為を楽しんでいるのだ」と思い込むことだけが、性的サービスの楽しみ方ではないですし、それをよく知って遊んでくださる人もたくさんいます。
ただなんの義理もない他人との濃密な接触を求め(もちろんこれは正当です、対価を払っていればね!)ながら同時に「素」を要求し、さらにそれが本心であるかどうかを疑い証明しろと迫る人も、後をたたないんですよね。それはあまりにもサービス労働のさせすぎじゃないかしら、と思います。

 

わたしが個人的に「素」を求めて楽しもうとするお客さんに気を許さないのは、その流れで恋愛感情を求められるのがとてもやっかいだからです。
性的なコミュニケーションは恋愛感情を持つ相手とのみ行いたい、という希望を個人が持つとき、それは誰にも口出しできないもので、尊重されるべきものです。当然ですよね。
でも、それがいつの間にか「恋愛感情の介在しない性的なコミュニケーションは誰にとっても不当/不自然/不本意」というものに変わってしまっていることがよくあり、これはとても危険です。女性限定で適用されたりもしますね(女には性欲がないから、恋愛感情のみがセックス欲求の根拠であるということでしょうか。よくわかりません)。

なぜこのすり替わりが危険なのかは、あとはもう「好きでもない相手と、金のためにそんなことするなんて」に簡単になっちゃうからです。恋愛感情に基づかないセックスをする人間が、しない人間よりも間違っていて汚れていて劣っていて見下されるべきだ、という規範があっという間に全員をふるいにかけて蔑みや差別心を楽々と作ってしまうからです。見当違いの哀れみや憎しみなども作りますね。そしてわたしのメールボックスに「はじめまして、死ね」というお便りが舞い込むわけです。心配しなくても待ってればいつかちゃんと死ぬのにねえ。

 

わたし個人に限っていえば、業務上のセックスであっても「恋してる相手ではないから」という理由で仕事に苦痛を感じたことは一度もありません(口が臭いからという理由ならば何百回もあります、そりゃあもう!)。もちろん相手に好感を抱ければぐっと負担は減りますが、それは「いい人だな〜」「常識があるな〜」で十分です。それが最高の状態です。

これはただのわたしの話で、わたしのあり方です。
信じられない、と思う人もいるでしょうし、自分は仮にセックスワークに就くとしてもそういう価値観では働かないだろうなあ、と思う人も、実際に違った考え方で長く働いていらっしゃる人もいるでしょうし、口には出さないけど正直ドン引きだわーと思う人も、自分とは違うけどちょっと分かるとこあるわーって人も、もうどんな人だっているでしょう。どんな人がいたって別にどうだっていいでしょう。それぞれの人が別の誰かの価値観に戸惑うかもしれません、理解しがたいかもしれません。しかし蔑む権利などはありません。
大切なのは誰のあり方がより「普通」でより「当たり前」か、そんなランキングじゃない。そんな物差しでなにを測れるというのでしょう。大切にすべきは、誰のあり方も、他の誰かに侵されないということの方です。

初対面の人から対価をもらって行うセックスに試行錯誤している人も、婚姻届を提出するまではセックスをしないことで愛情を示すと心に決めている人も、誰に蔑まれるいわれもありません。「そのようなことをする/しない あなたはおかしい」と言われる筋もなければ言える筋もまたありません。誰だってです。
それでも何か言いたいなら、誰かを「普通じゃない人間」と扱うことで得られる安心や自信がいまどうしてもあなたに必要なのなら、どうぞ胸の中だけで言ってくださいな。

 

トモヤくんは、どんなにクオリティの高い接客を受けたとしても風俗店では満足できない、「お客さん」として楽しめないタイプの人だったかもしれません。自分の欲求や願望の自覚とか、自分以外のセックスの多様性について考えるとか、そういうことに関してまだ子供だったかもしれません。だけど別れ際の彼は「すごいね」という言葉ひとつの中に、自分の戸惑いをすべておさめました。
「当たり前で普通」の物差しを手放すことはできなくても、それをアリサに向かって振り下ろすことをしませんでした。

だから「好き」という言葉こそ絶対に口にすることはできなくても、部屋を去る最後のときまで何が彼にとってプラスになるのかを彼女は考えていた。人間性を見限った客に対しては、なかなかしたくない努力です。
快適とは言えないしすごく難しい仕事だっただろうし必要最低限の仕事をとうにオーバーしていたけど、きっとあとから思い出すのが嫌な記憶にはならないと思います。しっかしよく働いたよね……。

セリザワさんがどういうつもりで「社会勉強」と言ったかはわかりませんが、たぶんこの人は物差しを持たない、信じない人のような気がします。それではないところでアリサちゃんを「好き」なのでしょう。
そういう人と何かを積み重ねていくと、時々は「好き」という言葉を誤解の恐れなく使えたり、保険証に載っているのと同じ年齢を知られても平気だったり、します。それでなにかが測れるなんて思っていない相手だから。「素」を勝ち取ったなどと思っていないから。
そんなふうな、部分的で外には出ない、名前のつかない好きと好きの両想いがふと生まれるときのあやふやな面白さを「ふーん」と味わっているときくらいが、もしかしたらわたしの素の部分かもしれません。唇の端を少し持ち上げて、ふーんハハッ、と。
なんにせよ古田新太っぽさはあるんですけど。

でもでもでもでもよりによってその年齢をうっかりバラした罪は重いよ!!!ダメ!絶対!!
今度お詫びになにか買ってもらいましょう。

2016-03-18 | カテゴリ weblog, まじめなはなし | タグ: , Comments Closed