きらくなはなし

ワーカーズライブ:水はあなたを知っている

ガールズヘルスラボにて、3月のワーカーズライブを担当しました。

風俗嬢コラム Worker’s Live!!-Girls Health Lab: 水はあなたを知っている
http://t.co/J5byP0833S

今回はわたしのスケジュール管理の甘さによりたいへんわずらわしい感じの仕事が多数重なってしまい、また性風俗について書かれた本など読んだこともあり切ない話や職業差別のからんだ話は書きたくない! 偏見とかもうしばらく考えたくない!甘くて緩くてどうでもいい話がだらだらと書きたい! と思い、傷つけてこないお客さん、と、仕事仲間として扱ってくれる店長、を登場させました。2大「我々がどんな気合いで取り組んだところで得られるものでもない、しかし得られた場合は飛躍的に業務の効率が上がる」存在です。ふふ。

店長にはこの人のようにきっちりと敬語を使って接してくれる系統の人も、もっとフランクにこちらのことも「源氏名+ちゃん」で呼んでくるような人もいます。どちらが良いとかではないのですが、最も発言権を持つ者の人柄というのが職場全体をたやすく左右する感じはどこにもあるものではと思います。現在の勤務先の店長はエレガントな敬語派で、キャストの退勤時に居合わせると「ありがとうございました」と頭を下げて見送ってくれるほどですが、面と向かって個人的な話をしていると月に2回くらい何かの折にひとことだけ崩したりして、貴重なものを見たようなありがたい気持ちになります。

一件だけ呼び捨てにしてくる店長がいましたね。わたしは恋愛関係にある相手であっても呼び捨てを好まないのですが、なんとびっくり不思議なことに、いやではなかったです。あれはなんだったんだろうか。キャラクターということなのでしょうか。あの人でなければ初日で飛んでいたことでしょう。たしかに、とても明るい愛おしそうな抑揚で呼ばれていました。
彼はちょっとびっくりするほど人が良く、しかしそれゆえプライベートの女性関係が立て込んでいそうな人でした。それをキャスト一同が「いつか刺されないといいけどね〜」などと言いながら暖かい目で見守る店でした。そんな職場環境はあとにも先にもそこだけでした。

ミネラルウォーターの銘柄がいろいろ出る話にしたのは、わたしが女性のセックスワーカーに対して自覚している偏見のひとつに「水が好き」「硬水を平気で飲める人が多い」があるため、そこからの連想です。わたしもコントレックスを常温で飲めるタイプです。いちおうメジャーなところから選びましたが、ミネラルウォーターに興味のない方にはウザかったことと思います。参考までに以下の表を置いておきますね。興味のない方は「うぜえ!」と思ってください。こんなにいっぱい書いたっけ。書いたんだな。あといろはすとボルヴィックがあればコンビニで買える水はだいたい網羅するでしょうか。いやだめだ森の水だよりとかまだいっぱいある。

  • クリスタルガイザー 38
  • 六甲のおいしい水 84
  • エビアン 304
  • ヴィッテル 305
  • ペリエ 400
  • ゲロルシュタイナー 1310
  • コントレックス 1468
  • クールマイヨール 1612
    (椎名こゆり調べ 単位は mg/l)

原稿を書くにあたり、わたし自身は発泡性の水を好まないためゲロルシュタイナーの500mlサイズがどのくらいコンビニエンスストアに置かれているものか自信がなかったのですが、ガールズヘルスラボ主宰のタミヤさんがわざわざセブンイレブンに足を運び、あったよ、と教えてくださいました。たいへんお世話になりました。ごめんねありがとう。ちなみに椎名が仕事中に飲む水で気に入っているのはフィジーウォーター(105mg/l)です。立ち上がれ俺のコラーゲン!と念じることによりストレスが発散される効果があります。

タイトルが最後まで決まらず、いつか議論を呼んだ有名な本からつけました。そうです、パシッたりパクッたりしてこの原稿はできているのです。
水にありがとうと言えば美しく凍る、というのはフィクションだと今日では多くの人々が認識していますが、風俗嬢はみな病んでいる、とか、風俗に行く男はみな浮気性、とか、風俗店の従業員はみなコワモテ、とか、あとヘルスのサービスくらいじゃ性病なんてうつらないとか風俗行ったことなければHIVなんて心配ないとか俺だけは大丈夫とか、そういうあれやこれやだって幻想だという点では似たようなものです。まことしやかに語られるとつい素直に信じてしまう、というのは人間のいいところでもあり、しかし後にいくらでも思い直しときには考えを改めることもできる、それはもっといいところだと思います。あれ、偏見とかしばらく考えたくなかったはずが。やれやれまあいいか。

2015-03-03 | カテゴリ きらくなはなし | タグ: , Comments Closed