weblog, たわいないはなし

ミラクル☆ロマンティック(有料版)

みんなー、ときレスやってるー?
ときレスはときめきレストランの略です。コナミがお届けする「ときメモ」シリーズ初の女性向け恋愛ソーシャルアプリ、レストランゲームを楽しみながらアイドルと恋愛できるリッチな女性向けアプリなのです!!!

……って言ってみたものの分かってはいません。リッチなアプリってどういう意味なのか聞かないで下さい。今のは全部公式からコピペした。ごめん。

あの、iPhoneアプリのゲームなんですけどね。友だちがやっているのを見てうらやましくなりダウンロードして半月ほど遊んでいます。そしたらね、思っていたより、おもしろくて。
これまで恋愛ゲームの類は一度もやったことがなかったし、特に男性向けのそれに対してはよくないイメージさえも抱いていたのだけど、予想以上におもしろいポイントがいろいろ見つかり楽しんでいます。

ゲームに出てくる女の子のことを心底愛している男性に呼ばれて、同じような服を着せられてそのキャラクターを演じさせられる、みたいな仕事もしたことがあるけれど、そういうことは嫌ではなかった。わたしの「よくないイメージ」の元になっているのは、わたしのことをゲームのように「攻略」してくる人との不毛な時間だと思います。
「ここを強くこすればパラメータ上がってイクはずなのにおかしい。この女バグじゃねえの」みたいな態度をとられたこと、たぶんわたし以外の人もあると思う。それから、あとそうだなあ、電車の中で下着や裸の女の子のアニメーションが映し出されたゲーム機をなんの遠慮もなく広げ、それを懸命に操作している男性に遭遇してびっくりしたことなども、マイナスイメージにつながっていそうです。

「ときめきレストラン」のメインはシミュレーションゲーム(iPhoneだとTeamLavaがリリースしているstoryシリーズのような)で、そこへ恋愛エピソードが変化を添える、というようなものです。いちおうサービスタイム(って言い方どうなの)というかおさわりタイム(もっとよくないと思う)は設けてあるんだけど、初めから着衣の上半身しか映ってないし画面をつつくとくすぐったそうにされる、という、おまけ程度のほのぼのしたものだったので安心しました。心底安心しました。だよねーApple先生そのへん厳しいもんねー。よかったよかった(だってわたしの書いた小説がアプリになった時も「現役風俗嬢が描く」って紹介文がNGでリジェクトされたくらいだぜ)。

このゲーム、自分=主人公は非常に恵まれています。

  • 登場する男の子はひとりではない
  • ゲームが始まっただけで、すでにその全員が自分のことを好き
  • 自分の方も全員に対してまんざらでもない
  • なにもしなくても自動的に仲が深まってゆく
  • しかも全員と深まってゆく

……このように。すごいよね!
わたしはどうにもこういうものに慣れていなくて、キャラクターの造形と名前が一致するのにかなりの時間を要してしまいました。いまだに全員をしっかり見分けることができない。個人の判別はできないけどとにかく全員わたしに惚れている!っていうとんでもない状態。

キャラクターたちは少女マンガに出てくる男の子のような美男子なのだけど、よく分かんない点もいっぱいあるんです。服とか。どういう構造をしているのかよく分からない衣装ばかりお召しになっている。単純に現実の世界に持ってきたら決しておしゃれではないと思う。髪型もなんか、変なヘアバンドなのかカチューシャなのかハチマキなのか分からないものを巻いてらっしゃったりする(でもこれについては、その巻き物がなければもっと区別ができないと思うからあってくれてよかった)。

そして、わたしの中では実はここがいちばんのポイントなんだけど、そのう……

しゃべりが、なんかこう……どこかおっさんぽいんだよ!!

きっとプロの声優さんがやっていらっしゃるというのにこんなことを言ってしまって。しかしおっさんぽく感じちゃうのです。
最初は、絵柄や台詞に対して声が落ち着きすぎていてふけて聞こえるのかと思ったんだけど、たぶんそれだけじゃなくて、その……言ってる内容のせいなのではと。なんて言ったらいいのか、「それっぽすぎる」セリフばかりしかもキメキメでおっしゃるので、かっちりと古めかしく、舞台っぽく聞こえるの。そうだなあ、それこそ、夜空の星を眺めながら「きみのほうがきれいだよ」みたいなことです。様式美ということだろうか。ハーレクインとかってこういう感じなのかな?

でもそれが、なんとなーく面白いのね。
「ありえないシチュエーションで、かわいい男の子がなぜか自動的に自分を好きで、それぞれキャラクターに合致したまるでお芝居のようなセリフを言ってくれて、あれよあれよと仲良くなっていく」
というのが。あぁみんないい人だなぁ……と思わされちゃうのです、なぜか。
ときめかせる、おもしろいと感じさせるにはリアルさは実は必須じゃなくて、こういう「至れり尽くせり感」「もてなされ感」の楽しさっていうのもあるんだなーと思ったのです。ディズニーランドとかもそうだもんね、って。

で、あー、もしかしたら風俗店もそうなのかも、と。そういうものを求めてる男の人もいるのかもしれないな、とちょっと考えました。

わたしはもちろん絵の中の男の子のように美しくないし、ディズニーランドほどの夢と魔法をあげられもしないんだけれど、ちょっとした非日常として「その人の、普段の生活にはとても存在しない言葉」を言ったりするのもひとつの仕事なんだなあ、とは思っています。

それはとても難しいことでもある。相手を褒めろとはどこでもよく言うけれど、ただほめればよいというものでもないですよね。それに、お客さんの思い通りのファンタジーになるわけにはいかないことも多い。彼らの「こうなりたい」「こういう筋書きでいってほしい」という希望には、それは(あちらにその自覚があるかないかは関係なく)(そして圧倒的にないことが多い)わたしたちの権利や尊厳に傷が付くようなことが含まれている場合もよくあるから。そのようなことは仕事ではないし、やるわけにいかないのですが、なまじ途中まで希望通りだったがゆえ最後まで通らないと却って反発するお客さんもいます。

でも、ちょっと意識的にやってみたいな、と思って。
つい先日、実行しました。
相手は選ばないといけないと思い、注意しました。すぐには機会はこなかった。
そしてあるとき、あるお客さんとのプレイ中に、「その人がこれまでの人生で誰からも言われたことのないような、でも全くの嘘とも違う、まるでドラマか小説のようなほめ言葉」を言いました。本当に心にもないことはわたしのロマンティシズムに反するので、わたしがその人についていいなあ、と感じたことを、ただちょっぴり派手めな脚色をして、言いました。しらふではとても戸惑われそうな言葉になりました。歯が浮くとはこのことです。

そうしたら、その人は。
わたしが言ったのと同じかそれよりもさらに少しロマンティックな言葉で、わたしのことをほめた。
ほんの少し止まって考えてから、とてもとても、真剣に。
そしてそれがわたしはすっごーくうれしかった。うれしかったし、そのときの仕事はたぶん、うまくいった。たぶん、あの日のプレイ料金、そのお客さんはもったいなかったとは思っていないだろうと思います。たぶんだけど。

 

高揚やときめき、甘酸っぱいものを夢見る人の多くはそれが恋愛関係に根ざしたものであることを前提とするけれど、それは実際のところ未来のある恋愛でなければ宿らないものではない、とわたしは思っています。時にわたしの仕事は「恋愛の風景を模したもの」を丁寧に作ることだったりするけれど、そこにロマンティックなものをうまく配することでお客さんもわたしもより伸び伸びといられたり、リラックスしてもらえたり、真剣になれたり、プレイがひとつの娯楽としてよりよく機能することはけっこうある。

そしてその装置内でふたり遊んでいるうちに、どちらが作ったものでもないロマンティックだったりセンチメンタルだったりな淡くて甘い力がふっと生まれて、ぽわんと光ることがあります。
すごく、時々。
それはぼーっとしていては見逃しそうなくらい仄かで曖昧な光だけど、遭遇できた時は「あ、いいもの見たな」と思うし、もっとミラクルに「一緒に同じ光を見た」となると、それはもう帰り道に同じ流れ星を見たみたいな気持ちになって、名前も知らなかろうと二度と逢わなかろうと、相手の先の人生に幸福があるようにと祈るような殊勝なことを思ったりも一瞬できてしまったりするので、なんというか、心底おもしろいなあ、と、思います。

  

あとときめきレストランに対していちばん言いたいことは「え?なんでじいやとのイベントがないの!?」です。

 

2013-04-23 | カテゴリ weblog, たわいないはなし | | Comments Closed