weblog, たわいないはなし

HATSUYUME2013

第一幕

出勤すると店長から「おおシーナよ喜べ、予約でいっぱいである」と告げられる。しかし聞けば予約でいっぱいすぎて移動の時間を考慮するのを忘れていたという。なんだそりゃ。すると電話が鳴り、「シーナの客一同ですけど、なんか大変そうなんで僕たち全員同じホテルにあつまることにしました」と言われる。急かされながら車に乗り込むと新宿から高速に乗り延々走る。いつまでも走る。ぜんぜん着かない。そのうちなんと空が白み始める。おかしい、なにかがおかしい、ぜったいおかしい、ここは何処だ、と大いに疑いながら「行きたくないぉ……」と唸る。

第二幕
しかしいつしか到着し、すべてを忘れてひたすら働く。ほがらかににこやかに半ばヤケになって全力で働く。最後の客(よく見ると香川照之氏にそっくりだった)から、「よくがんばったね!ごほうびにいいところに連れていってあげる」と言われ、気づくと山の中にいた。隣には山歩きスタイルの香川氏とそのファミリー。我々はきのこ狩りに来たのであった。ベテランガイドさんの案内で楽しくきのこを採る。白いきのこ、赤いきのこ、茶色いきのこ、細長いきのこ。小学生の息子さん2人もごきげんで、わたしによくなついて学校の話などしてくれる。味わったことのない種類の団欒である。うれしい。

第三幕
たくさん採れたキノコとともにホクホクで帰宅。 どうやって食べようかレシピを検索していると窓から小瓶(ボンヌママン)が投げ込まれる。「焼いたきのこをつけて食べてください」というメッセージと作り方を書いた手紙が添えられていて、中には野菜とオリーブオイルのペーストが入っていた。きれいなみどり色でおいしかった。自分でも作りたいので買い物に出るとクオカの粉売り場で小柄な男の子がモヤシみたいな青年にカツアゲされていたので後ろからフライパンで殴ったらマンガのようにあっさり気絶した。床が冷たそうだったので近くにあった毛布をかけて帰った。うさぎ柄だった。

 

総評
わたしの2013年=セックス・きのこ・バイオレンス

あと賃金も支払われないのに夢で働くのやめたい。

2013-01-04 | カテゴリ weblog, たわいないはなし | | Comments Closed